最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1618号
9月28日・10月5日号
9月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月3日より好評発売中!

詳細・購入

連載

連載

黄金のミドル級時代「歴史に残る4強の戦い」

I'm Ready! 投稿日:2017.03.09 12:00FLASH編集部

絶対最強王者 ゴロフキンの登場

 

黄金のミドル級時代「歴史に残る4強の戦い」

 

その後もミドル級は注目を集め続け、現在も多くのスター、あるいはスター候補がしのぎを削っている。その中心に君臨するのが、カザフスタン出身のゲンナジー・ゴロフキンである。

 

2004年のアテネ五輪で銀メダルを獲得したゴロフキンはプロデビューすると自慢の強打でKOの山を築き、36戦36勝33KO無敗をマーク。世界タイトルマッチの17連続KO勝利は、ウィルフレド・ゴメスと並ぶ世界記録であり、現在は主要4団体のうちWBA、WBC、IBFの3団体の王座を保持している。絶対王者とはゴロフキンのための言葉であろう。

 

残る1団体、WBOの王者が英国のビリー・ジョー・サンダース。こちらはまだ初防衛戦を成功させただけで、活発に試合をおこなわないこともあり、ゴロフキンと比べると影が薄い。そして4団体にはもう一人チャンピオンがいる。WBA王者のダニエル・ジェイコブスだ。

 

さきほどゴロフキンがWBA王座を保持していると書いたが、正確にはゴロフキンが“スーパー”王者で、ジェイコブスは“レギュラー(正規)”王者。ゴロフキンのように長く防衛したり(現在16度)、他団体との王座を統一したりすると、スーパー王者に昇格するケースがある。チャンピオンが2人いるという事態に疑問は消えないかもしれないが、正しく現状を記すと、こういうことになる。

 

次へ:村田諒太…挑戦者最有力の一人として

続きを見る
123

連載一覧をもっと見る

連載 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入