最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1627号
12月21日号
12月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月30日より好評発売中!

詳細・購入

連載

連載

【村田諒太インタビュー】Vol.3「オリンピックという経験」

I'm Ready! 投稿日:2017.04.18 15:00FLASH編集部

【村田諒太インタビュー】Vol.3「オリンピックという経験」

 

■オリンピック後の喧騒もメンタルの成長に貢献

 

──オリンピックは大会だけでなく、金メダルを獲ったあとの経験も大きかったのではないかと思います。


 オリンピックが終わってからは、毎日のようにメディア、メディアでした。それも半年でしたけど。そのあとオリンピックの招致の仕事がありました。あのときは本当に親戚が増えるという事態に直面して大変でした。町を歩いていてもワーって言われましたから。男子で金メダル獲ったのが3人。体操の内村航平選手、レスリングの米満達弘選手、そして僕です。内村選手はあまりテレビに出ませんでしたし、米満選手も自衛隊の方です。自ずとこちらに声のかかる状況になりました。この先、世界チャンピオンになれば周囲はいくらか変わるかもしれませんが、オリンピックを経験しているので、それほど驚いたり、戸惑ったりすることは少ないんじゃないかと思います。

 

 

──いろいろなところで名前が出ることには慣れましたか。


 ネットのニュースに自分の名前が出るのは不思議ですね。俺の名前がなんでこんなところにあるんだ、といまだに思います。見られる側というのは狭っくるしいし、やれることも少なくなる。嫌だな、不思議だな、気持ち悪いな。まだそういう感覚はありますね。恐ろしいことでもあります。でもそれで僕は金をもうけているわけですから、「何言ってんだバカヤロー」って話ですけど(笑)。仕事だぞと言われたらそれまでなんですけどね。でも、いまだに不思議な気分です。

 

<村田諒太 “I'm Ready”トップに戻る>

続きを見る
12

連載一覧をもっと見る

連載 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入