最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1540号
12月17日号
12月3日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

連載

連載

【村田諒太インタビュー】Vol.4「デビューから現在まで」I'm Ready! 投稿日:2017.04.21 22:00

【村田諒太インタビュー】Vol.4「デビューから現在まで」

 

■デビュー戦は不安がいっぱい、不満足の試合が続く

 

──いよいよ世界挑戦が実現します。振り返ってみるとデビュー当時は無我夢中という感じでしたか?

 

 そうですね。もともと自分という人間にあまり自信がありませんから。だからプロの世界に入る、同じボクシングだけど、アマチュアとはまったく違う世界に挑戦する、というのは不安でいっぱいでした。勝てるのか、どうなるのか。期待もありましたけど、不安のほうが大きかったですね。

 

──自信は、徐々についてきたということでしょうか。

 

 ちょっとずつですね。それも波があって、いいときもあったし、悪いときもありました。去年1年間は、いい試合ができた、という気がしますけど。その前の年は本当によくなかったし、率直に言えば、デビュー戦からずっと、いいと思った試合はなかったです。1戦目も2戦目も、よかったと思わなかったし。3戦目は、まあまあでしたけど、4戦目も5戦目も6戦目もダメ。去年の4試合くらいですね、自分の中でよかったと思うのは。

 

──去年あたりから自信がついた?

 

 そうですね、これでやっと勝負できるかな、というのは。去年の4試合で少しずつ自信を積み上げて、年末もいい形で勝てた。年末のブルーノ・サンドバルはいい相手だったと思うので。そういう意味で今は、自信を持てています。いや、自信を持つっていうのとは違うかな…。

 

 結局は自分の強いところで戦うしかないじゃないですか。できないところで勝負するわけじゃなくて。じゃあどこで勝負するのか、といえば自分の場合はガードを固めて前に出て、パンチが強いんだから強いパンチ打ち込んで、それで勝負するしかない。それで勝負して負けたら、相手のほうが強かったということです。

 

──いい意味で開き直ったという意味ですか。

 

 そうかもしれません。自分のスタイルをただぶつけていくだけというか、あとのことは考えない、という精神になっています。だから自信があるといえばありますけど、自信があるというよりは、もう迷わずそれをやるだけだという気持ちですね。

 

──そう思うようになったのは2015年11月、ラスベガスでのガナー・ジャクソン戦がきっかけですか?

 

 あの試合は本当にダメで、それが本当にショックでした。スパーリングはいい感じだったんですけど、試合はまったくダメ。そのあと1月に試合があると言われて、そこに向けたスパーリングで「どうやればいいんだろう」、と考える中でちょっとつかみました。

 

村田諒太 “I'm Ready”トップに戻る>

12

連載一覧をもっと見る

連載 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入