最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1657号
8月23日・30日号
8月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月26日より好評発売中!

詳細・購入

連載

村田諒太、“スタートライン”に立つ 初防衛成功!

I'm Ready! 投稿日:2019.12.26 11:00FLASH編集部

村田諒太、“スタートライン”に立つ 初防衛成功!

 

 

 

 

 


 この勝利で村田はビッグマッチへのパスポートを手にしたようだ。村田を帝拳プロモーションと共同プロモートするアメリカのトップランクCEO、ボブ・アラム氏は試合後、「オリンピックの前に村田をカネロ・アルバレス、トリプルG(ゴロフキン)と東京ドームで対戦させたい」とビッグプランをぶち上げた。


 カネロは2018年にDAZNと日本円に換算して400億円をこえる11試合で3億65000万ドルという超大型契約を結んだ、いまや世界ナンバーワンのボクシング界のスーパースターだ。そのカネロが村田と対戦するというのか?
 アラム氏の言葉を引き継ぎ、カネロをバックアップするゴールデンボーイプロモーションズのロベルト・ディアス氏は「カネロがぜひ日本で試合をしてみたいと言っている。年明けから本格的な交渉に入りたい」と明言した。日本まで村田の試合を見に来ている以上、現実味のある発言ととらえていいのだろう。
 帝拳プロモーションとしても、今後はただ防衛回数を重ねるような試合をするつもりはなく、多少試合間隔があいたとしても、カネロかゴロフキンとのビッグマッチを狙っていく方針だ。

 

 世界にはメジャーと言われるチャンピオン認定団体が4つ存在し、さらには暫定だ、フランチャイズだ、ゴールドだとその存在価値がやや薄い「チャンピオン」が増え続け、一つの階級に世界チャンピオンが6人も、7人もいることが珍しくなくなった。だが、村田はこの試合の内容、結果で、選手の層が厚く、日本人には難しいと思われていたミドル級で、完全に世界的に認められたのだ。
村田のいう「トップ・オブ・トップ」を求める戦いが始まろうとしている。

 

写真/山口裕朗

 

<村田諒太 “I'm Ready”トップに戻る>


続きを見る
123

連載一覧をもっと見る

連載 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入