最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

大麻保釈 伊勢谷友介の心臓音は「人より2倍速く聞こえた」

芸能・女子アナ 投稿日:2020.09.30 20:22FLASH編集部

大麻保釈 伊勢谷友介の心臓音は「人より2倍速く聞こえた」

9月30日、東京湾岸署から保釈された伊勢谷被告

 

「伊勢谷さんの心臓の音を聞いて、驚きました。とにかく速いんです。ほかの人たちの心臓音は、『ドックン……ドックン』というリズムでしたが、伊勢谷さんは『ドンドンドン』と、ドラムを叩いている感じ。力強くて、2倍ぐらい速かったです。

 

 

 9月上旬に、ある施設で伊勢谷さんの心臓音を聞く機会があったんです。その直後に、彼が大麻で逮捕されたので驚きました。あの独特な心臓音がまだ耳に残っていましたから」(芸能関係者)

 

 9月8日に大麻取締法違反容疑で逮捕され、同月29日に起訴された俳優の伊勢谷友介被告(44)。30日に保釈された際には、「ご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした」と述べ、報道陣に向かって一礼した。調べに対し、自宅から押収された20.3gの大麻は「自分で使用するためのもの」と供述しており、長期間、常習的に使用していたとみられている。

 

 伊勢谷被告の心臓音を聞ける「ある施設」とは、香川県土庄(とのしょう)町・豊島(てしま)にある「心臓音のアーカイブ」という美術館だ。

 

 豊島は、芸術関連のイベントが毎年おこなわれており、「アートの島」として知られる。島内の浜辺に位置する「心臓音のアーカイブ」には、数万人分の心臓音が登録されており、美術館を訪れれば聞くことができるほか、自分の心臓音を登録し、CDに録音して持ち帰ることもできる。

 

「たしかに伊勢谷さんの心臓音は、こちらで聞くことができます。2010年に男性ファッション誌の取材で来られたときに、登録していただきました。ほかには、北野武さんの心臓音なども登録されています」(美術館を運営する福武財団の広報担当者)

 

 伊勢谷被告が心臓音を登録した2010年当時、すでに大麻を使用していたかは、わからない。しかし、薬物依存に詳しい精神科医でヒガノクリニック院長の日向野春総氏(74)は、「大麻を使用することは、心臓に悪影響を及ぼします」と話す。

 

「大麻を吸引すると、血管が収縮して血圧が上がり、心拍数も上昇します。個人差がありますが、2倍近く速くなることはあります。心臓への負担が、かなりあるのです。

 

 長期間吸い続けていると、危険はいっそう増します。また、『大麻はタバコと同じ』などと言って、大麻を正当化しようとする人もいますが、肺ガンの発生率は、大麻のほうが高いのです」

 

 伊勢谷被告には、胸に手を当てて、自身のおこないを省みてほしい。

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入