最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1600号
4月27日号
4月13日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

4月9日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

女子アナ宮崎宣子の「ドツボ脱出」父親が作る脂っこい料理がもう限界

芸能・女子アナ 投稿日:2021.04.03 16:00FLASH編集部

女子アナ宮崎宣子の「ドツボ脱出」父親が作る脂っこい料理がもう限界

 

【宮崎さん、教えて!】

 

 我が家の台所は、在宅で仕事している父親の城なのですが、父がつくる料理は脂っこいものばかり。私はどちらかというと和食が好きで、週に2日ぐらいはさっぱりしたものを食べたいと思いリクエストしてみるのですが、父は「そういうの苦手なんだ」と言って一向に作りません。自分で作ろうとしても、父は台所に入られるのを嫌がるため、手出しできません。一体どうすればよいでしょうか。

 

 

【お答えしましょう】

 

 お父さんがお料理してくれるってありがたいですけどね! 
 まぁ確かに、毎日、脂っこいものだと、こってりすぎて胃が疲れてくるかもしれません。でも父親の機嫌は損ねたくないし・・・。

 

 となると、褒めて誘導するしかないのではないでしょうか?

 

「お父さんのご飯美味しいよね~今度リクエストしたいんだけど。料理が本当に上手い人って和食を極めた人のことを言うんでしょ? お父さんが和食を極めたらかっこいいよね~今度おでんとかどう?」

 

 とか、

 

「お父さんのお料理に、もう一品あるとより美味しく感じられるんだけど。お父さんのトンカツ美味しいから、さっぱりとしたお吸い物と、酢の物と、ひじきの煮物もつけてくれたら嬉しいな~」

 

 とか。

 

 男の人ってけっこう面倒くさいところもあるので、、、褒められないと拗ねる人もいるし、「これだけやっているのに」みたいなところもあるので、ある程度は立ててあげないと、スムーズにいかなかったりします。

 

 また、融通も利かない年頃だったりすると、よけい頑固になって、、、他の美味しいものが出てこなくなったりするので、少しずつ、少しずつ攻めるしかないかもしれません。

 

 私の父も、取り扱い注意のことがたくさんあります。

 

「牛乳買ってきて」とお願いしてスーパーに行かせると、電話がかかってきて、「牛乳がたくさんあってどれかわからないじゃないか!」って怒りだすこともあり・・・。

 

 母が「いつも飲んでる普通の牛乳よ」と言っても、その普通がわからないそうです・・・注がれた牛乳しか見てなかったんでしょうね。

 

 そして買ってきたのが、なぜか500mlサイズ・・・母親もなんで????? このサイズ買ったことある? なんでこれ買ってきたのよ? しかもこれ低脂肪って書いてあるじゃない。。。普通の牛乳がよかったのに、しかも1リットルでしょ? 普通!!!

 

 と思ったのですが、「ありがとうね~」と笑って、腹の中でグッと堪えたそうです。父にすれば「せっかく買いに行ってやったんだから」だし、母からすれば「なんでこんなもの買ってくるの? 普通がなぜわからないの?」なわけです(笑)。

 

 もちろん、そこで父に指摘すると、逆ギレが始まることがわかっているので、すべてを堪えて「ありがとう・・・」(これじゃないけどね。怒)なんでしょう。

 

 家族であれど、他人同士が暮らすって大変ですね。相手への思いやりがないとやってられないです。。。

 

 そう考えると、一人暮らしで好きなものを買って、好きなときに好きなものを食べられるって、それはそれは幸せです(笑)。

 

 私も実家に帰ると母が料理してくれますが、帰って3日くらいは優しいですが、4日目以降は本来の家族に戻って、気を遣わないと親がイライラしたりします。もちろん私もイライラしてくるのですが(笑)。

 

 以前、10日間ほど実家に帰ったときは口内炎がたくさんできて、耳鼻咽喉科に行ったら、先生から「宮崎さん、これは口内炎じゃなくて、ストレスからくるウイルス感染だよ。実家、大変やとね?」と言われて・・・先生は両親のことも知っているので、苦笑いしていました。

 

 実家は極楽ではありますが、やはり親には気を遣わないと、、、子供のときみたいに、なにしても許されるわけではないですね。

 

 とはいえ、隣の芝生は青く見えるものです。
 私からしたら、私は揚げ物が大好きなので、家に帰ってご飯があるって本当にありがたいことだと思います。

 

 家に帰って、冷蔵庫見て、何もなかった・・・スーパーにお惣菜を買いに行くのも寂しいし、味気ないものですよ~。誰かと話しながら、作ってくれた料理を食べられる幸せってないです。

 

 ま~、毎日だと大変なのもわかるので、質問者さんの気持ちもわかりますけどね。。。

 

 なので、揚げ物から和食をプラスして作ってもらう方向へ・・・プライド・やる気を阻害しないように、うま~~~~く方向転換していきましょう。

 

 最後の最後は、

 

「お父さん、私、健康診断に引っかかって、油ものを控えなさいって言われたの。だから、いつも美味しくてたくさん食べてたんだけど、明日から、健康のために和食にしてもらってもいい? じゃないと、再検査に引っかかるかもしれないから・・・」

 

 で、どうでしょう。残念そうなうるうる目で言うのがコツですよ(笑)。

 

宮崎宣子(みやざきのぶこ)
 宮崎県宮崎市出身。早稲田大学卒業後、日本テレビアナウンサー。現在はフリーアナとして活動しつつ、実業家としてオーガニックハーブ販売中

 

※宮崎アナへの人生相談はインスタグラム@miyazaki_nobukoまたはinfo@smart-flash.jpで募集しています

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入