最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1618号
9月28日・10月5日号
9月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月3日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

女子アナ日下千帆の「美女は友達」80年代アイドル原めぐみ、聖火ランナーになる

芸能・女子アナ 投稿日:2021.09.09 16:00FLASH編集部

女子アナ日下千帆の「美女は友達」80年代アイドル原めぐみ、聖火ランナーになる

原さん(左)と日下アナ

 

 女性のキャリアは多種多様。「美女は友達」は、人生を謳歌する女性たちのキャリアインタビューです。

 

 

 今回ご紹介する美女は、1980年にアイドルデビューした原めぐみさんです。

 

 80年代がアイドルブームだったことは、みなさんご存知だと思いますが、なかでも1980年は当たり年。松田聖子さん、田原俊彦さん、河合奈保子さん、三原順子さんらが歌手デビューした年でした。

 

 

 アイドルを目指していた原さんは、子供の頃から音楽好きなお父様とギターやピアノでセッションを楽しんでいたそうです。高校に入学する頃からタレントスクールに通いはじめ、やがて横浜中華街のアルバイトでお得意の歌を披露するようになりました。

 

 ある日、いつものようにお店で歌っていたところをスカウトされ、『600こちら情報部』(NHK)に出演が決まったそうです。

 

 その後、1980年10月からアシスタントを務めた『クイズでボーイハント』(テレビ東京)という番組の挿入歌、『ボーイハント』でアイドルデビューを果たしました。

 

 ところが2曲をリリースしたところで、レコード事業部が突如、廃止に。。アイドルとしての活動はストップしてしまいました。しかし、その後も芸能活動をあきらめず、CM出演やナレーション、アニメの主題歌など、さまざまな仕事を続けていたところ、2度目のチャンスがめぐってきます。

 

 山口百恵さんや郷ひろみさんを生み出した昭和の名プロデューサーCBSソニーの酒井政利さんを紹介されたそうです。

 

「酒井さんの『ぜひ、やりましょう』の一言で、芸名も原江梨子と改名し、大人のポップスを歌う歌手として1986年、2度目のデビューとなりました。

 

 当時は、阿木燿子さんや、タケカワユキヒデさんら、錚々たるメンバーに楽曲を提供いただいたのですが、実は、公私ともに苦しい時期で、心の中では芸能界をやめようか悩んでいたのです」

 

 そんな原さんに大きな転機が訪れたのは、1989年のことでした。テレビ朝日の人気番組『独占!女の60分』のレポーターとして活躍するようになり、1992年のバルセロナオリンピックでは、聖火ランナーとしてスペインの地を駆け抜けました。

 

「番組スポンサーの社長さんから名指しで、原さんにお願いしたいとプロデューサーに連絡があったそうです。走ったのはセビリア地区でした。日本人、スペイン人が交互に走り、ひまわり畑にあたる人もいれば、ごみ集積場の横を走る人もいました。

 

 出国前には、木原光知子団長とともに、聖火ランナーのための山中湖の合宿にも参加しました」

 

 バルセロナオリンピックでの活躍で全国的に注目を集め、他にも『素敵にドキュメント』(テレビ朝日系)など多数のレギュラー番組を抱えていた当時の原さんでしたが、1992年、ご病気のお父様を安心させたい思いから、すべての芸能のお仕事をやめて、ご結婚されました。

 

 そして、もう1つの夢であったクラシック家具のお仕事を始めたのです。輸入家具店でアルバイトを始め、営業兼デザイナーとして全国を回る生活が始まりました。

 

 インテリアコーディネーターのスクールに通い、自分で図面が描けるようになったのちに独立。1996年、文京区の千駄木に輸入家具&雑貨店「グレースノート」をオープンしました。

 

「実店舗を持ちつつ、ネット広告を上手に活用し、半年で月商が約600万円にのぼりました。元アイドルの実業家として、『ジャスト』(TBS系)や『爆報!THEフライデー』(同)など、たくさんの番組で取り上げられています」

 

 社長業のかたわら、現在も芸能界からのお誘いが多く、音楽や舞台のオファーが後を絶ちません。最近では、クイズ番組でも活躍していらっしゃいます。

 

「2008年には大瀧詠一さんや松田聖子さんも名を連ねるコンピレーションCD『音壁JAPAN』(ソニー・ミュージックダイレクト)に楽曲が収録されました。また今年11月には、舞台『異次元!海の旅人バーレスク』でメインキャストを務めます」

 

 今後は海外を意識し、80年代シティポップの音楽配信にも力を入れていかれるそうです。

 

 活躍の場が広いとバラエティに富んだお仕事が経験できるので、さまざまな能力を発揮できすね。一粒で2度おいしいとは、原さんのように、複数のフィールドを持つ働き方を指すのかもしれません。

 

日下千帆(くさかちほ)

 

1968年、東京都生まれ。1991年、テレビ朝日に入社。アナウンサーとして『ANNニュース』『OH!エルくらぶ』『邦子がタッチ』など報道からバラエティまで全ジャンルの番組を担当。1997年退社し、フリーアナウンサーのほか、企業・大学の研修講師として活躍。東京タクシーセンターで外国人旅客英語接遇研修を担当するほか、supercareer.jpで個人向け講座も

 

取材協力/純喫茶マウンテン

続きを見る

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入