最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

現役女子アナが爆弾発言「女子アナもテレビ局では枕営業」芸能・女子アナ 投稿日:2017.02.10 17:00

現役女子アナが爆弾発言「女子アナもテレビ局では枕営業」

『写真:AFLO』

 

 熱愛に結婚、独立など、もはや芸能人と同様、私生活までも注目される女性アナウンサー。女子アナのタレント化は、今世紀に入った頃から顕著になった。アイドルばりのルックスや振る舞いが、帰宅後のサラリーマンの癒やしとして視聴率に貢献してきた。しかし、華やかに見える陰で、彼女たちも生き残りを賭けてもがき続けているという。

 

「私たちは出演番組がなくなると、必然的に仕事の大半を失います。各局のHPを見てもらえればわかりますが、まったく番組に出ていない人が、ごまんといる。彼女たちはみな、出社してから電話番と新聞スクラップ、その他雑用だけをこなして、さっさと退社します。こんなみじめな話はありませんよ」

 

 こう語るのは、地方局に勤務する、30代前半の現役美人女子アナ。幸いにもバラエティ志望で入社した彼女は、報道番組に携わる機会はあまりないものの、これまでテレビ出演が途絶えたことはないという。

 

「レギュラーがゼロになっても“妊活”などの理由があればまだしも、そうでないとも出社も辛くなる。そもそも1000倍以上と言われるアナウンサー入社の関門を突破してきた猛者たちなので、窓際扱いされることはプライドが許さない。そこで、なんとかレギュラー獲得にこぎつけるため、あの手この手で“就活”を行うんです」

 

 女子アナがレギュラーをゲットする方法。それは堅実に実力をつけ、ゆくゆくは局上層部の目にとまり――残念ながらこんなルートは、いまや完全に廃れてしまっているという。

 

「結局はタレントさんと同じで、プロデューサー以上の役職から“オキニ指名”を受けるしかない。しかも、芸能人なら事務所がバックアップしてくれるでしょうが、私たちはみな正社員ながら、個人事業主のようなものです。積極的に飲み会を開いて、おべっかを使うのはまだまともな方で、私の知り合いには、枕営業で何度もレギュラー枠を勝ち取った某キー局のツワモノまでいます」

 

 グラドルによる枕営業暴露は、深夜バラエティでも珍しくなくなっているが、テレビ局社員である女子アナまでもが、その闇に手を染めている――。生き馬の目を抜く業界で争っているのは、彼女たちも同じようだ。(覆面芸能ライター・黒崎健二

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入