最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1646号
5月31日号
5月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月20日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

『モヤさま』田中瞳アナ、ドッキリで番組に登場させられ「ロケ終了後に涙が」

芸能・女子アナ 投稿日:2022.04.17 20:00FLASH編集部

『モヤさま』田中瞳アナ、ドッキリで番組に登場させられ「ロケ終了後に涙が」

4代目アシスタント田中瞳アナ

 

 シリーズ化されるほどの人気? と思わせるため、いきなり『2』で始まった『モヤモヤさまぁ~ず2』は、いまやテレビ東京の看板番組のひとつだ。

 

 現在のアシスタントは4代目で、田中瞳アナウンサーが務める。田中アナの『モヤさま』デビューは、2019年8月。MCを務める「ハワイでジャガジャ~ン?」というニセ番組の収録中に、さまぁ~ずが乱入。そのまま『モヤさま』のハワイロケが始まった。

 

 

「驚いている暇もなく、歩くスピード、しゃべるタイミングなど、何もわからないままロケをして、すべてが終わったあと、緊張の糸が切れたのか、ロケバスの中で涙がこぼれてきたのを覚えています。

 

 無事に終わったという安堵感と、大丈夫だったのかな? という複雑な感情でした」

 

 こう語る田中アナは、ハワイロケの次に、『モヤさま』の聖地・北新宿を訪れた。

 

「ハワイはドッキリだったので非現実的でしたが、北新宿では、あ、本当に『モヤさま』が始まったんだ! 私はとんでもない役回りをやることになったんだ、と不安でいっぱいになりました」

 

 体当たりコント的な要素が求められる『モヤさま』だが。

 

「羞恥心がなくなってきました。わりと序盤の回で、変顔が得意な人とにらめっこをすることになって、全力で変顔をしたんです。そのオンエアを観たときに、この先、何をやっても大丈夫だと悟りました。自分の殻は自分で破らないといけません(笑)」

 

『モヤさま』が15年続く秘訣はなんでしょう?

 

「さまぁ~ずさん、スタッフの皆さんが、仕事仲間というより、人として関係を築いてくださっていて、そこで生まれる楽しい空間がずっと続いている感じがします。それは、さまぁ~ずさんのお2人が醸し出している『楽しくやろうよ!』という空気感なのかなと思います」

 

■『モヤさま』のことはなんでも知っている

 

『モヤさま』は株木亘氏が、初回からプロデューサーを務めている。

 

『モヤさま』では初回特番から登場していた「夢の1000円自動販売機」。他局の番組ではメインコンテンツとして放送されているが、本家はどう感じているのだろうか?

 

「テレ東としては、企画をパクられて一人前みたいなところがあるので、全然OKです。路地裏にあった自販機がメジャーになるなんて……。親心ですかね、嬉しいです。ただ、自販機のイジり方については、僕らがいちばんおもしろいという自負はあります」

 

 以前、さまぁ~ずは、「『モヤさま』は街ブラ番組ではなく、お笑い番組」と発言したことがあった。その真意を聞くと――。

 

「ただたんに、ダラッとロケしているような雰囲気がありますけど、店の中でおもしろいものを発見して指摘したり、素人さんのよさを引き出しながら必死に笑いを作り出そうとする。街や街の人を題材にさまぁ~ずが本気で大喜利をしている番組なんです」

 

 最後に、トリビア的なネタを。あのナレーションの「ショウ君」のキャラは、どうやって決まった?

 

「先輩に対して『らしいっすね』っていう体育会系のノリです。僕が野球部出身なんで(笑)。断言できることも『らしいっす』にして、基本的に責任を負わない。人から聞いたことを適当にしゃべっているというキャラクターです」

 

『モヤさま』が15年続いている秘訣は、このゆるさ加減にあるんすかね?

 

かぶきわたる
1974年生まれ 宮城県出身 1998年テレビ東京入社。2007年の正月特番から演出を担当。現在、同番組のプロデューサーを務める

 

※『モヤさま』火曜夜11時6分~

 

( 週刊FLASH 2022年4月26日号 )

続きを見る

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入