最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1662号
10月11日号
9月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月30日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

TBS・良原安美アナが語る『サンジャポ』アシスタントの現場「トークが白熱しても割って入る、度胸がついた」

芸能・女子アナ 投稿日:2022.09.18 06:00FLASH編集部

TBS・良原安美アナが語る『サンジャポ』アシスタントの現場「トークが白熱しても割って入る、度胸がついた」

 

「大学に入学して、すぐにアナウンサーになろうと思いました。母から『次は就職よ』と急かされたんです(笑)」

 

 サバサバした性格らしい、潔い決断。『サンデー・ジャポン』や『Nスタ』に出演する良原安美アナウンサーの大学生活は、そうして始まった。

 

 もっとも、大学入学まではバレエ漬けの日々だった。4歳からコンテンポラリーを始めて、13歳でクラシックに転向し、大学1年まで続けた。

 

 

「ですが、好きという気持ちより、苦しさやキツさが大きくなってきたんです。次第に気持ちが離れていきました」

 

 ただ、経験は無駄にならなかった。

 

「おかげで、人前に立つことは小さいときから好きで、学校行事の司会を学年の代表として任されることが多かったんです。なんとなく向いているかもしれないと思いました」

 

 就職の一助にと、大学2年時にはミスコンに応募。見事、ミス立教に選出され、また、大学生ながら夜のニュース番組でお天気キャスターを務めた。

 

「アナウンサーの方がニュース原稿の読み方や発声について意見をやり取りする様子を目のあたりにして、あらためて思いを強くしました」

 

 よって、就職活動は迷いなくアナウンサー職に絞ると、念願叶い第一志望だったTBSに2018年に入社。今年4月からは『サンデー・ジャポン』の進行アシスタントを担当している。

 

「『サンジャポ』は、なにが起こるかわからない生放送です。スタッフみんなが作り上げたVTRなどを、私がスタジオにいることでいい形で放送したいという思いが強いです。始まってからの変化で言うと、最初はサブ(副調整室)から私の進行に関係があることだけをイヤモニを通じて入れてもらっていたんですけど、少し前からスタッフ全員の声が聞こえるようにしてもらいました。

 

 ゲストのみなさんのトークが熱を帯びると予定していた内容が放送できないこともあるので、そういうときにスタッフとの連携をより取れるようにと思いまして。それと、トークが白熱していても次の話題にいかなければならないとき、ズバッと入る度胸がついてきています(笑)。なにより、生放送ならではの緊張感が、本当に好きなんです」

 

 そんな度胸の持ち主も、今回のようなグラビア撮影は不安が先に立つ。

 

「やはり恥ずかしいですし、見ないで! と思います。でも、自分では選ばない洋服を着られて、ヘアメイクもきれいにしていただけるので、新しい自分を発見できる。それは楽しいです」

 

 バレエの経験をここでも生かし、柔軟さを発揮してくれたが、着用している黒のスパッツは彼女の私物だ。

 

「ふだん使っているものを持参しました。私、家でじっとしていられなくて。歩くことは、いちばんのリフレッシュ法です。けっこう早歩きですけど(笑)」

 

よしはらあみ
26歳 1995年10月9日生まれ 神奈川県出身 立教大学経済学部を卒業後、2018年にTBS入社。現在『サンデー・ ジャポン』『Nスタ』(月・火)を担当。そのほか最新情報は、公式Instagram(@yoshiharaami)にて

 

写真・西條彰仁
スタイリスト・富田育子
ヘアメイク・エノモトマサノリ


( 週刊FLASH 2022年9月27日・10月4日合併号 )

続きを見る

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入