最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1429号
7月11日号
6月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

4月28日増刊号
3月21日発売

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

『ひよっこ』寮長役「小島藤子」精神年齢が小4といじられる芸能 2017.06.12

小島藤子_1

 

「名前の由来は藤の花のように美しく」
 小島藤子。朝ドラのオープニングで、つい目が留まる名前だ。キラキラネームが一般的になった現代だからこそ、その少し古風な響きが際立つのだろう。

 

 彼女が朝ドラ『ひよっこ』で演じるのは、主人公の谷田部みね子(有村架純)たちが暮らす乙女寮の寮長で、地方から上京して働く社員たちの心の支えになるお姉さんだ。

 

 だが実際は、「乙女寮内の役者だと、架純ちゃんの次に年長なのに、はしゃいでいるから、年下の八木優希ちゃんに『精神年齢が小4』だといじられます(笑)。和久井映見さんや架純ちゃんも甘やかしてくれて、『藤子ちゃん、差し入れ食べな』と、真っ先にすすめてくれる。アットホームな現場です」

 

 デビューから10年。きっかけは小学6年生でスカウトされたことだった。

 

「TSUTAYAでDVDを選んでいたら、父が女の人に声をかけられたことがありました。後日、『あれ何だったの?』と聞くと名刺を見せられて、それがまさかの芸能事務所。人前に出るのは好きではなかったので迷いましたが、中学生になるから新しい挑戦をしようと思って、連絡したことを覚えています」

 

 テレビの初仕事は『おはスタ』。2007年から一年間、「おはガール」を務めた。

 

「素のテンションが高くないから『朝だよー!』と元気よく振る舞うのが苦手でした。ダンスもダメだったので、放送の終わりには毎回、ディレクターさんと反省会をしていましたね。でも、毎朝生放送に出演したおかげで、ドラマ現場でも物怖じしない度胸はついたと思います」

 

 2008年には、ドラマ『キミ犯人じゃないよね?』で女優デビュー。以降、2009年の『小公女セイラ』、同年公開の映画『おっぱいバレー』などの話題作に出演する。

 

 そして高校卒業を間近に転換点となる作品に出会った。2011年度下半期の朝ドラ『カーネーション』である。

 

「撮影は大阪で2カ月間。初めて親元を離れた経験でした。主人公の晩年を演じた夏木マリさんとご一緒する機会が多く、方言の芝居の覚え方や、長ゼリフの対応について教えていただくなかで、初めて仕事という意識が芽生えました」

 

 以降、『35歳の高校生』(2013年)などの学園ドラマから、大河ドラマ『花燃ゆ』(2015年)の本格時代劇まで幅広く演じる若手注目株へと成長を遂げた。

 

 さて、その新進女優は多趣味である。ベッドでマンガを読むシーンでは「撮影中なのにマンガの内容に笑っちゃって。仕事を忘れていました」と微笑む。

 

「マンガやアニメの入口になったのは『スレイヤーズ』。小学生のころに、映画を観てハマりました。そのころ、『りぼん』『なかよし』『ちゃお』の三大少女コミック誌はすべて定期購読。中学生になってからは『ジャンプ』『ガンガン』でした。ゲームは父の影響で、ファミコン、初代ゲームボーイからプレステ4までやっています」

 
 それほど好きなら仕事に繋げたらよいのでは、とすすめてみると、

 

「好きすぎるから、仕事には趣味を持ち込みたくないんです。もし声優のオファーが来ても、リスペクトが大きすぎて受けられないかもしれない(笑)。私はアニメ展に行ったりできれば幸せです。

 

 先日、高校時代の友達とJーWORLD TOKYO(「週刊少年ジャンプ」のテーマパーク)に行ったときに、ショップでキャーキャー言っていたら、気がつくと半日過ぎていました。仕事になったら、こんなに純粋に楽しめなくなるじゃないですか!」

 

 しっかり者の寮長・幸子は、画面の外では純情オタク。夢中になって好きな話をする姿もまた、可憐である。

 

こじまふじこ
23歳 1993年12月16日生まれ 東京都出身 NHK連続テレビ小説『カーネーション』につづき、『ひよっこ』で朝ドラ2作めの出演。2017年秋、舞台『関数ドミノ』(10月4日~15日、本多劇場)に出演。そのほか最新情報は、公式Instagram(@fujisan1216)にて

【関連記事】

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2017年GW号
2月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月9日創刊 橋本マナミ他、全8冊でスタート!

詳細・購入