最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1676号
2月14日号
1月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月31日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

タイでアイドルデビューした18才、久しぶりの日本で驚いたことは?/女子アナ日下千帆の「私にだけ聞かせて」

芸能・女子アナ 投稿日:2022.12.04 16:00FLASH編集部

タイでアイドルデビューした18才、久しぶりの日本で驚いたことは?/女子アナ日下千帆の「私にだけ聞かせて」

 

 タイPOPは、日本であまりなじみがないかもしれませんが、うら若き日本女性がメンバーにいるアイドルグループなら応援したくなりませんか?
 

 今回ご紹介するのは、タイでデビューの夢を叶えた18歳、田中井寧音さんです。寧音さんは、Beachyという4人組のアイドルグループで、Neneという名前で “かわいい” キャラを担当しています。2022年4月、グループ名と同じ『Beachy』という曲でデビュー。曲はYouTubeでも配信中です。

 

 

 出身は千葉県。ご両親のお仕事の都合で6歳からバンコクに移住しました。小さい頃からAKB48に憧れ、ダンスのレッスンを受けながらアイドルを目指したそうです。

 

――デビューのきっかけは何だったのですか?

 

「tokyocitygirlというユーザーネームでTikTokをやっていたら、フォロワーが14万人を超えました。2021年7月、そこにダンス動画を投稿したところ、プロダクションの方の目にとまり、『デビューしませんか?』とDMが来たのです。採用された理由は、表現力とダンスの上手さだったそうです。

 

 タイでは外国人タレントが人気で、日本人だったことも有利に働きました。私以外の3人のメンバーは、その後に開催されたオーディションで選ばれました。2人は中華系で、生粋のタイ人は1人だけです。デビュー前は毎日ダンスや歌のレッスンが続き、ようやくデビューできました」

 

――Beachyのデビュー曲は、日本のアイドルの曲とは違った雰囲気で、クール&セクシー系ですね。

 

「そうなんですよ。でも、セクシー路線はやりたくなかったので、自分から主張してかわいいキャラにしてもらいました。デビュー曲の歌詞の一部が日本語になっているのですが、その部分の作詞は、私が書いたものです。会議中に突然、『15分で作って』と言われて考えました(笑)」

 

――日本語の箇所が、エキゾチックな雰囲気でした。寧音さんは、3カ国語を話せるそうですね?

 

「はい。実は、インターナショナルスクールに行っているので英語が一番得意なんです。両親とも日本人なので、家では日本語ですが、仕事先ではタイ語を使っています。正直、日本語はそんなに得意ではありません(笑)」

 

――デビューするために何か準備してきましたか?

 

「3歳から、タップダンスやヒップホップ、バレエなどを習っています。体を動かすのが好きなので、4歳から空手、ムエタイ、テコンドーなどの格闘技も習っています」

 

――デビューしてから変わったことはありますか?

 

「ライブのお客さんが2000人以上来てくれるようになりました。外出すると、『見たことある』なんて言われます。知らない人から、『さっきBBQしてたでしょう?』とDMが来ることもあるんですよ」

 

――タイで、日本人だから得したことや、逆に困ったことはありますか?

 

「得したことは、日本人ということで、『これは日本語で何て言うの?』とか、メディア出演のときに、日本についての質問が多かったことです。

 

 困ったことは、タイ語の学校には行ってないので、言葉の壁がどうしてもあり、タイ語の冗談とかをあまり聞き取れなかったり、分からなかったりしました。

 

――タイと日本の習慣の違いで驚いたことはありましたか?

 

「タイでは、どんなに遅くても仕事終わりに食事に行くんです。また、合掌して挨拶もします。タイ人はマイペースで、みんな気楽に話しやすいです。タイの食べ物は私には辛すぎですが(笑)」

 

――久しぶりに日本に帰ってきて、タイでの生活と違うと感じることはありますか?

 

「日本の電車は時間ピッタリ時間に来る! ほかに、自動販売機の多さとバラエティーの豊富さにビックリしました。自動販売機でうどんも売っていたり、日本は面白い物でいっぱいでした。

 

 今回帰国して、コンビニの店員さんが外国人だったことも驚きました。また、帰国したのが11月だったので、あまりの寒さに衝撃を受けました」

 

――今後、日本で活動する予定はありますか?

 

「残念ながら、今のところありません。日本でデビューできるなら、日本に帰ってきます。最近、日本のミスコンに出ることも考えています。将来、日本でもデビューしたいので、そのときはよろしくお願いいたします(笑)」

 

 今後は、女優のお仕事をやってみたいと語る寧音さん。この先が楽しみです。

 

■アイドルになるための3カ条

(1)カリスマ性
(2)表現力
(3)自信

 

日下千帆(くさかちほ)

 1968年、東京都生まれ。1991年、テレビ朝日に入社。アナウンサーとして『ANNニュース』『OH!エルくらぶ』『邦子がタッチ』など報道からバラエティまで全ジャンルの番組を担当。1997年退社し、フリーアナウンサーのほか、企業・大学の研修講師として活躍。東京タクシーセンターで外国人旅客英語接遇研修を担当するほか、supercareer.jpで個人向け講座も

 

※取材協力/カラオケ館 上野本店

( SmartFLASH )

続きを見る

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入