最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1675号
2月7日号
1月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月24日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

2022年アクセスランキング【芸能編】1位は岡田将生と鈴木唯アナのラブラブデート、2位は?

芸能・女子アナ 投稿日:2022.12.24 06:00FLASH編集部

2022年アクセスランキング【芸能編】1位は岡田将生と鈴木唯アナのラブラブデート、2位は?

 

 2022年も、本誌は数々のスクープを報じてきた。なかでも【芸能】分野で、特に反響が大きかったものをランキング形式でまとめた。

 

 あなたの心に残る記事は何だろうか――。

 

【第5位】川﨑麻世が「BIGBOSS」前妻・大河内志保と手繋ぎデート! 彼女いても週一逢瀬、直撃に「羽目外した」

 

 

 7月7日にひとり、都内の焼き鳥店のカウンターにいたのは川﨑麻世。そこに現われたのはラジオの公開収録を終えたばかりの、大河内志保だった。大河内といえば、北海道日本ハムファイターズの「BIGBOSS」こと新庄剛志監督の前妻。こちらもすれ違いから、2007年に離婚している。

 

「あまり接点を思いつかない2人ですが、最近、週1回ほどのペースで逢瀬を繰り返しているようです」

 

 当時、芸能関係者は、本誌に麻世と大河内の関係をこのように明かしていた。

 

 3時間弱の酒席を終えて、店外に出てきた2人。店員に見送られながら一緒にタクシーに乗り込むと、5分ほどで下車し、2人は路地へ。麻世は大河内の手をしっかりと握る。ときには肩に手を回すなど、少し多めの “ボディタッチ” をしながら、向かったのは麻世の “行きつけの店” だ。

 

 2軒めでは2時間ほど滞在した2人。店から出てくると、麻世はへべれけに。相当、酒を酌み交わしたようだ。さすがの麻世でも “飲みすぎ” でお持ち帰りができなかったのか、今度は大河内だけがタクシーに乗り、解散となった。

 

 衝撃的な “七夕の長い夜” から10日あまり。7月中旬の夜、麻世と大河内は七夕デートの2軒めに訪れた店で、またもデートをしていた。店の外に出てきた麻世に大河内との関係を直撃。麻世はこう答えている。

 

――麻世さん、大河内さんと “いい関係” と聞きました。

 

「いやいや、全然。つき合ってないですよ!」

 

――大河内さんとも手をつないでいましたが……。

 

「えぇ! ぜんぜん覚えてないです。ボディタッチはしたかもしれないけど……。大河内さんとは、飲み屋でばったり会って、最近よく飲む “お友達” なんですよ。七夕の日は飲みすぎて、ちょっと羽目を外したんじゃないですかね……」

 

 交際を否定した麻世だが、恐る恐る確かめるように「僕らはどこで解散しました?」と、逆質問する場面も。気の “麻世い” にはご注意を!

 

【第4位】小林麻耶、海老蔵を再批判「9000万円貸したが返ってこない」

 

 小林麻耶(現在は國光真耶)が、3月24日、元夫(当時)の國光吟(くにみつ・あきら)氏のYouTubeチャンネル『吟 Akira』に登場した。「海老蔵が麻央ちゃんの治療を選んでいた」との新たな動画で、亡くなった妹・小林麻央さんの夫である市川海老蔵(現在は市川團十郎白猿)を批判した。

 

 3月21日に公開した2本の動画で、麻央さんの病室での海老蔵の態度を批判した麻耶。そのうえさらに、麻央さんに民間療法を受けさせていたのは海老蔵だと指摘したのだ。

 

「私たち家族は何度も何度も病院に行くよう説得しましたが、『もうちょっと待って』と説得できませんでした」と回想。

 

 その治療について麻耶は、「妹は亡くなる直前に『“あの治療やめたい” って海老蔵に何度も言ったんだ。離婚すればよかった』と言ってました」と明かした。

 

 また、海老蔵は中東で初めて歌舞伎公演を実現させたが、麻耶はその際に「9000万円貸した」と明かす。だが、「お金、払ってもらえなかったんですよね。私の大切な9000万円どこに行っちゃったんでしょうね」と、お金が戻ってきていないことを明かした。

 

 麻耶の新たな暴露に、YouTubeのコメント欄にはさまざまな声が書き込まれた。

 

《麻耶さんのどうしようもない怒りが伝わってきて苦しくなりました》

 

《麻耶さん、動画拝見して本当に胸が痛くなりました》

 

「動画で麻耶さんは、麻央さんから『何かあったら全部言ってもいいよ』と、海老蔵さんについて発言する許可をもらっていたことを報告。

 

 さらに、海老蔵さんについて、麻央さんが生きてるときに『子供に “これからは3人で生きていこうね” と言っていた』と不快感をあらわにしていました」(芸能ライター)

 

【第3位】『金スマ』怨霊退治で一世風靡…陰陽師・石田千尋が変死していた! 晩年は「Qアノン」信奉者に

 

 いくつものテレビ番組で怨霊退治を披露し、「現代の陰陽師」と呼ばれた石田千尋が変死していた――。

 

 2001年頃の超常現象ブームを牽引する人物の一人として知られ、テレビ出演以外に「人生アドバイザー」として占いもおこなうなど、精力的に活動していた石田氏。

 

 いっときは渋谷に豪邸を購入するなど、非常に羽振りがよかったが、2014年には自治体に差し押さえられ、手放している。本誌がかつての知人に取材したところ、同時期から占いの仕事で客と揉めたり、金銭トラブルを抱えたりと、石田の言動に “異変” があったと明かしている。

 

 その後、石田はかつて自身の会社で働いていたA氏のもとに身を寄せた。本誌がA氏を取材したところ、「昨年12月31日にここで亡くなられた」と明かしている。A氏が発見したときはすでに息がなく、警察では「変死」として扱われたという。

 

 石田の身に何が起きたのかはわからない。石田は自らの名でのアカウントに加えて、「胸形千尋」という名前で3つのツイッターアカウントを開設していた。2013年12月に開設された “初期” の胸形アカウントのプロフィール欄には「トランプ大統領閣下とQと一緒に戦う日本人」とあり、米国を中心に広がる陰謀論「Qアノン」を信奉していることを窺わせる投稿が繰り返されていた。

 

 最後まで投稿されていた胸形アカウントも、2021年12月29日を境に音沙汰がなくなる。直前には「今日、急に、意識を失い倒れた。」(2021年12月26日投稿)など、体調の悪さを窺わせていた。

 

 孤独な最期を迎えた石田。一世を風靡した陰陽師の晩年は、あまりに悲しいものだった。

 

【第2位】島田陽子さん「あわや無縁仏」だった逝去直後、元マネージャーと事務所が対立

 

 大腸がんのため、7月25日に亡くなった女優の島田陽子さん。11月には、島田さんの遺作となった映画『エヴァーガーデン』が東京・高円寺で公開された。

 

 本誌は死去直後、島田さんの遺体の引き取り手として親族が名乗り出ず、あわや “無縁仏” になるところだったことを報じている。

 

 2人の妹が遺体の引き受けを申し出ないため、渋谷区は3親等内の親族を探し、遺体を引き取る意思を確認するはずだった。ところがその間に、なぜか通夜と告別式が執りおこなわれたと報じられ、混乱に拍車をかけていたのだ。結局、渋谷区は8月上旬に彼女を荼毘に付し、遺骨は事務所関係者が引き取った。

 

 その後、9月に開催予定と報じられた「偲ぶ会」は、おこなわれなかった。同月、本誌は「偲ぶ会」について事務所に問い合わせたところ、関係者はこう答えている。

 

「もともと9月27日にお別れ会をやるなんて言っていませんよ。あらためて10月に、偲ぶ会を開こうと予定しているところです。

 

 7月に亡くなってから、彼女の遺骨とお母さんの遺骨を、一緒に父親のお墓に納骨しました。当然、家族の同意が必要なので、妹さんの同意を得ています。これまで彼女が住んでいたマンションの遺品整理も、ようやく終わったところです」

 

 納骨については、島田さんの “希望どおり” に進んだとも報じられているが、これに異を唱えるのが、島田さんの元マネージャー・福島浩一朗氏だ。

 

「島田さんは、家族と断絶していて、『中村家のお墓には入らない』と頑なに拒否していました。それで埼玉の本庄市に、お母さんの遺骨を納骨するためのお墓を購入したのです。ですから、父親のお墓に納骨するのは彼女の意向を無視しているといわざるを得ません」

 

 その後も、「偲ぶ会」がおこなわれたという報道はない。島田さんは天国で、“安眠” できているだろうか――。

 

【第1位】岡田将生 フジ・鈴木唯アナとの “小田急線デート” を目撃!「まさきくん」とボディタッチで甘える様子も

 

 2022年5月。本誌が俳優・岡田将生を目撃したのは、小田急線の車内でのことだった。新宿から箱根・江ノ島方面を結ぶ電車の先頭車両に途中乗車した岡田が落ち合ったのは、フジテレビの鈴木唯アナウンサー(28)だった。

 

「岡田さんは、2021年に放送されたドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)で共演した東京03の角田晃広さんと、恋愛トークで盛り上がったことを明かしています。

 

『(交際相手は)しっかり学歴がある、頭のいい人がいい』と語っていたそうです」(スポーツ紙記者)

 

 鈴木アナは早稲田大学国際教養学部卒業で、2016年にフジテレビに入社。

 

「TOEICで満点を取った英語力で海外セレブに通訳なしでインタビューをしたこともあります」(番組関係者)というのだから、岡田が語った条件からすると、申し分ない相手だろう。

 

 帰宅客で混雑する車内で、ケーキの話で盛り上がっていた2人。鈴木アナは「まさきくん、まさきくん」と何度も囁き、岡田にボディタッチで甘えていた。

 

 交際について当時、本誌の取材に、岡田の事務所は「プライベートは本人にまかせております」、フジテレビは「社員のプライベートについてはお答えできません」と回答していた。

 

 2人の愛の “トラベル” はまだまだ続くはずだ。

( SmartFLASH )

続きを見る

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入