最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1583号
12月8日号
11月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月27日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

TBS安住紳一郎が上野のパンダ「シャンシャン」命名を的中させる

芸能・女子アナ 投稿日:2017.10.07 11:00FLASH編集部

TBS安住紳一郎が上野のパンダ「シャンシャン」命名を的中させる

 

 10月1日放送の『日曜天国』(TBSラジオ系)にて、アナウンサーの安住紳一郎が、上野のパンダの名前「シャンシャン」(香香)を的中させていたことを語っていた。

 

 上野動物園で6月12日に生まれたジャイアントパンダの名前の募集が、7月28日から8月10日の14日間にわたって行われていた。

 

「パンダの名前を当てるのが得意」という安住は、過去にもパンダの命名を的中させてきた。

 

「これまで、6頭のパンダの名前を占い師のように当てているという実績があるんですけども。
 私もこの件に関して、雑誌社の取材依頼が4件。テレビ番組の取材が3件ありましたね」

 

 今回は、過去最多の32万2581件の応募があったとされており、安住はこのような分析を語っていた。

 

「和歌山のパンダの時は6万件ぐらいだったので、5倍近いということなんですが、32万件。

 

 ランラン、カンカンの来日が72年。そこから上野動物園で生まれたパンダの赤ん坊は全部で5頭いるんですけども、うち2頭は生後すぐに死んでしまったということがありまして。名前の募集は今回が3回目ということになりますね」

 

 さらに、このように語っていた。

 

「32万件の応募のうち、名前のパターンは2万1738通り。パンダの名前は、だいたいどんなに頑張っても2万1500通り前後に落ち着くという事実があるんです。

 

 ちょうど30年前。トントンというパンダの名前を決めるときに募集した際のパターン数も発表されているんですが、そのときも2万1558。今回が2万1738なので、だいたい押しなべて、パンダの名前の考えうる上限は2万1500近辺」

 

 決定までのプロセスはこうだ。

 

「上野動物園管理事務所で、非公開で名前が決められました。応募件数の多かった上位100位までを一次通過として、そこから最終候補が8点選ばれて、中国当局との協議を経て、東京都が最終的に名前を決定したということのようですね」

 

 前回と比べ、予想が難しくなったとか。

 

「今回は『繰り返しの名前でなくてもいいんですよ』というような注意書きが応募用紙に書かれていたこともありまして、ちょっと予想が難しくなった経緯がありますね。

 

 それから、子パンダがおよそ3年後を目処に中国に帰ることも決まっていたことから、中国当局との協議に重きが置かれるんじゃないか? というような予想もありまして。いつもよりも難しいという予想が出ていました」

 

 そこで、リスナーのなかでパンダに詳しい人を集め「パンダJAPAN A代表」を結成。安住とともに予想に取り組んだ。

 

 彼らとともに導いた予想は、大穴で「ピンピン」「リーシン」「ルンルン」。本命は「サクラ」「ノンノン」「シェンシェン」「シャンシャン」だったという。その理由はこうだ。

 

「少し今回は難しいということで、リスクを分散したいと思います。当然、日本の名前が考えられ、『サクラ』が人気になるだろうと思います。

 

 前々から第2候補、第3候補によく上がっていた『ノンノン』の可能性も非常に高い。『ヨウヨウ』は可能性は少ないけども、縦パス1本で相手のゴールを決める可能性がある。

 

 もしかすると、遠いところからのシュートが決まるかもしれません。これは和歌山での私の反省が生きている。『結浜(ユイヒン)』を当てたその流れから、自分のインスピレーションを大事にしてほしい。

 

 私が前回、『シンシン』のときに推した『シェンシェン』、3度目の正直があるかもしれない」

 

 本命予想の4つの中から見事的中させた安住。次のパンダの命名でも、依頼が殺到するだろう。

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入