最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1451号
12月26日号
12月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月10日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第5弾】12月1日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

浅利陽介「誰よりも芝居がうまい」と周囲に吹聴してた過去芸能・女子アナ 2017.10.11

浅利陽介「誰よりも芝居がうまい」と周囲に吹聴してた過去

 

『コードブールー』(フジテレビ系)の藤川役でブレイクした俳優、浅利陽介(30)が、10月6日放送の「ダウンタウンなう」に出演した。

 

 浅利は子供のころからテレビ、映画、舞台を中心に活動していた。はじめて広く注目を浴びたのは、井上真央主演の『キッズ・ウォー3』(2001年)だ。浅利は髪を赤く染めたヤンキー中学生・一平役を好演した。

 

 番組中、同じく芸歴の長い坂上忍から子役時代について話を振られると、こう答えていた。

 

「『キッズ・ウォー』のときとか、同世代がいっぱいいるなかで、誰よりも自分の芝居がうまいと(周囲に)言っていた」と告白。坂上に「井上真央ちゃんよりも?」と質問されると、「もちろんです」と躊躇なく答えていた。

 

 浅利は当時かなり調子に乗っていたようで、撮影中に遅刻、寝坊を頻繁に起こし、あまりにもだらしなかっため、マネージャーに激怒されたという。

 

 放送後、マネージャーはツイッターで『ダウンタウンなう』について「ほんと、なんだかなぁ~の浅利陽介でしたね...まぁ、過去の話ですしそんな事もあったな。ですね...」と述べている。

 

 そんな浅利にとって飛躍のきっかけになったのが、2008年にスタートした『コードブルー』だ。2017年には7年ぶりに3rdシーズンが放映され、平均視聴率16%を超えた。

 

 2017年8月にウェブマガジン「Real Sound映画部」のインタビューで、「あなたにとって『コードブルー』とは」と問われた浅利はこう答えている。

 

「二十歳になって、転機になった作品ですね。役者としても様々なことを学びました。受けるだけじゃだめだ、と。自分からも演出をして、プランを発信していかなくちゃ、と気付かされましたね。泣かなきゃ終わらないだとか、面白くないとカットされるだとか、厳しい世界を初めて知った作品だったので、役者としても人としても成長でき、強くなれました」

 

 テレビ出演のオファーも立て続けに舞い込み、知名度が上がった浅利。『コードブルー』の映画化も決定しており、役者としてのこれからが楽しみだ。

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2017年秋号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

プラチナフラッシュ Vol.2
11月24日発売
表紙:渡辺 梨加

詳細・購入