最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1562号
6月2日号
5月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月22日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

1日8本も!お笑いコンビ「千鳥」が語ったロケ芸人の苦労芸能・女子アナ 投稿日:2017.10.15 11:00

1日8本も!お笑いコンビ「千鳥」が語ったロケ芸人の苦労

 

 お笑いコンビの千鳥が、10月8日放送の『おしゃれイズム』に出演し、ロケでの過酷体験を語っていた。

 

 番組の冒頭でノブは「この番組の前にロケ3本やってきました」と挨拶。司会の上田晋也に、1日で何回ロケをやったことがあるのか聞かれると、ノブは「最高1日ロケ8本やったことがある。時間は朝の5時から、夜中の1時まで」と回答。

 

 大吾は「自分たちの一個の番組でまとめ撮りするため、30分の番組を8本撮る。月1回はこの撮影スタイルでやっている」と明かし、「収録が小雨だと、放送上小雨が2カ月間続くことになる」と漏らしている。

 

 そんな千鳥には、ロケ芸人ならではの苦労もある。

 

 大吾はあるロケで、ディレクターから「電気を流しますんで、大吾さんの体から出してください。手の出し方を間違えると死にます」と理解に苦しむ指示を出されたという。

 

 しかもその装置は手作り。必死に拒否した大吾を見かねて、ADやベテランカメラマンが実験台になってくれたものの、電流による痛みが強すぎてギブアップ。原因は、電流を受け流すために必要な水を忘れていたのだという。

 

 番組では、一時期、年間200本ロケをやっていたこともあると明かした千鳥。ノブは「僕らはロケで出てきたので、そういうイメージがあるんでしょう」と、ロケ芸人として重宝されている現状を分析している。

 

 そこで気になるのは、ロケ芸人のギャラ事情だ。

 

 2017年2月12日放送の『旅ずきんちゃん』(TBS系)で、アンガールズの田中卓志に「10万円はもらっているでしょう」と質問されたノブは、「1回あたり3万円とか4万円」と吉本芸人の厳しいギャラ事情を明かしている。

 

 さらに田中が千鳥レベルなら10万はもらっていいと指摘されると、大吾は表情を変え「ほんまなんか。わしは10万円ももらえるんか?」と半泣きに。

 

 芸人にとって、テレビでどう生き残っていくかは死活問題だが、時には命の危険もあるため、それに見合ったギャラが支払われてもいいと思うのだが。

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入