最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

生島ヒロシ「TBS入社面接で『終身競争制度』提唱し晴れて合格」芸能・女子アナ 投稿日:2017.11.15 06:00

生島ヒロシ「TBS入社面接で『終身競争制度』提唱し晴れて合格」

 

 フリーアナウンサー生島ヒロシが、11月11日放送の『おぎやはぎの愛車遍歴』(BS日テレ)に出演した。生島はTBSの局アナ出身。番組中、TBSの採用試験でのエピソードを語っていた。

 

 20歳から4年間アメリカに留学していた生島は、ロサンゼルスにある大学で放送やジャーナリズム、特にディスクジョッキーの勉強をしていたという。

 

「日本に帰ったら、やっぱり放送局に入りたいと決めてて。TBSが最後まで残ってて」

 

 最終面接試験に残ったのは6人。生島によれば、そのうち4人は採用されるのだという。となれば普通は無難に面接を終えようとするものだが、生島は攻めた発言をしたという。

 

「日本の終身雇用制度は終わります。アメリカの体験から、みんな終身競争制度でやった方がサラリーマンも伸びるし、会社も伸びるし、お互いがWINWINですよ。僕はTBSの生島で終わりたくない。自分の人生は自分の人生らしく生きたい」

 

 これにはおぎやはぎの矢作兼から「面接で? まだ受かってないのに?」とのツッコミが。案の定、面接官の人事部長から、「じゃあ君、最初からフリーでやればいいじゃないか」と指摘されたという。

 

 これに生島は動揺したものの、「民放の雄のTBSで鍛えていただいて。アナウンサーは職人芸ですから。そしてフリーになっても恩返しをするということでどうでしょうか?」と切り返し、晴れて合格。

 

 矢作は「それ(生島)をとったTBSがやっぱりすごい」と採用した経営陣に感心していた。

 

 入社試験での言葉通り、生島は38歳で退社。独立と同時に自ら個人事務所を設立した。ちなみに生島は番組で、「一年目から収入が10倍に増えた」とも発言している。

 

 フリーになって約30年。現在もTBSラジオで、月~金の朝5時からレギュラー番組を持つ生島。採用試験時の約束をきちんと守っているとは、なんともすごいアナウンサー人生である。

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入