最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

バナナマンの心を動かした「乃木坂46」の一見むごい演出芸能・女子アナ 投稿日:2017.11.17 16:00

バナナマンの心を動かした「乃木坂46」の一見むごい演出

 

 お笑い芸人、バナナマンの設楽統が、東京ドームで開催された乃木坂46ライブに行った際のエピソードを、11月10日放送の『バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ系)にて語っていた。

 

 トークが本業である芸人にとって、アイドルのMCはそこまで面白いものではない。そのため、場合によっては全く笑わないことがあるというが、日村勇紀は乃木坂のライブを観て笑っていたという。

 

「(日村は)超笑うんだよ、MCで。ぶっちゃけ、アイドルのトーク……正直、声を出して笑うかって言ったら、ギアの入れようによっては、全く笑わないじゃん。もちろん、俺ら乃木坂っていうので、他の子がしゃべるのとは違うけど。

 

 乃木坂っていうのが乗っかってるから、おれもニコニコしながら見てるけど、日村さんって『ふふ、ふふ、ふふふ』って笑い。気持ち悪いんだもん。すごくない?(笑)」

 

 また、関係者席に座ったため、ノリノリにならず静かに見るはずが、日村は曲に合わせて踊っていたとか。

 

「ずっと踊ってんだよね。ちょこちょこね。ああいうライブで、何もしないでじっと見るの “地蔵” って言うんでしょ。あとはわからないけど、一緒になって踊るのも名前あるんだろうね。大仏?」

 

 また、設楽はライブの展開についても言及。

 

「乃木坂って、アイドルグループなんだけど、ちょっと哀愁というかさ。そういうものがベースにあるライブだったの。いろんな演出もよかったし」

 

 特に、アンダーと呼ばれる選抜ではないメンバーたちによるパフォーマンスの感想を述べていた。

 

「途中でさ、悲しい感じにならなかった? アンダーっていう、選抜(メンバーたち)と違って日の目を見ない、みたいな。そういう曲があるんだ。アンダーの子に『アンダー』って曲を歌わせて。

 

『あなたは私がどこにいるかわからないかもしれない』みたいな、本人たちの気持ちが詩にあるの」

 

 一見むごい演出だが、効果的でもあるという。

 

「これをその子たちが歌うって、むごい……って思ったんだけど。でも、それを歌うことによって、やっぱり他の曲と気持ちが違うんだろうね。ものすごいグッとくるの。

 

 歌ってる子たちが格好よく見えるし。そこを見越してあれ(曲)を渡してるとしたら、やっぱり常人じゃないんだろうね、発想が。

 

 あの曲は知ってたけど、ああやって歌ってるのを聴くと、秋元さん……あれをどこまで考えてるのか」

 

 日村のように踊ることはなかったが、乃木坂のライブによって、設楽の心も動かされていたのだった。

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入