最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1534号
11月5日号
10月21日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第26弾】9月27日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

小池栄子「演技の根底にはパチンコ屋で知った人の優しさが」芸能・女子アナ 2017.11.26

小池栄子「演技の根底にはパチンコ屋で知った人の優しさが」

 

 近年は女優としても活躍する小池栄子が、11月21日放送の『トーキングフルーツ』(フジテレビ系)に出演し、女優業について語っていた。

 

 小池はグラビアアイドル出身で、長い間テレビのバラエティ番組を中心に活躍してきた。

 

 司会の古舘伊知郎に「グラビア系、バラエティ系(出身)と必ず言われるよね?」と女優活動を色眼鏡で見られた経験がないか聞かれると。

 

 小池は「面倒臭いですね。一時期はそれが『いやだなぁ』と腹立って。でも下が(後輩)増えてきて、『私もグラビアやってるんですけど、小池さんみたいにいろんなことをやりたいと思いました』と言われるようになり、(肩書きが)それほど気にならなくなりました」と応じていた。

 

 現在、小池はドラマや映画だけでなく、舞台での活動にも力を注いでいる。

 

「舞台の感動は他のものとは違う?」と質問された小池は、「違いますね。生きている感じがより強くします。いまこのお客さんの前で、この方達と作っているんだなって。テレビももちろん楽しいんですけど、対象が見えないじゃないですか」と発言していた。

 

 小池は2016年に「第23回読売演劇大賞」の最優秀女優賞を受賞している。評価される彼女の演技の根底には何があるのか。

 

 番組で小池は、「家はパチンコ屋さんをやっていたので、いろんな人たちの、いろんな表情を見ていて。小さい頃から差別的意識がなかったんですよね。その日暮らしの人がいるとか。『明日どうなるんだろう』っておじちゃんが、お店に行くとチョコレートくれたりとか。人の優しさに触れた。人が好きになったのはお店の環境が大きかったのかな」と自身の育った環境について言及していた。

 

 古舘に「過去のインタビューで、『演じることによって、自分を客観的に捉えることができ、嫌いな人が減った』と答えているけど、それは今も同じ?」と聞かれると、小池はこう答えている。

 

「『こんな心理わからないからやりたくない』という役の依頼とかはありますけど、でも誰かから見たら自分もそう思われている可能性もある。この人はこの人なりに正義があって生きているんだと思ったり。そもそも役を自分で愛してあげないと、最後まで演じきれないなと。認めていく考え方で(台)本を読んでいくと、わからない役も楽しめるようになった」

 

 番組では「いつか主演舞台で満席にすることが、一番の目標」と語った小池。主演舞台の座席が8割しか埋まらず、悔しい思いをしたこともあるというが、満席になる日もそう遠くはないだろう。

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入