最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1570号
8月18日・25日合併号
8月4日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月28日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

なぎら健壱が語る『タモリ倶楽部』最高傑作は「北斗星に乗る」芸能・女子アナ 投稿日:2017.12.01 16:00

なぎら健壱が語る『タモリ倶楽部』最高傑作は「北斗星に乗る」

 

「番組開始の1982年から、200回以上は出演していると思いますよ。100回分くらいは覚えてます」

 

 番組の常連として『タモリ倶楽部』に欠かせない男が、なぎら健壱だ。

 

「やっぱり手応えがあった回は記憶に残ってるなあ。『北斗星に乗る』(2011年)は本当に傑作だったと思います」

 

 この放送では、ビールを買いに浴衣姿のままホームに降りたなぎらを残し、北斗星が出発してしまうという奇跡のハプニングがあった。

 

「自分の持ち込み企画では『真・おやじ道』(2004年)が印象的ですね」

 

 浅草の洋品店で、誰も買わないような服でコーディネートしてみるという企画だ。番組を知り尽くす男は、『タモリ倶楽部』の魅力をこう分析する。

 

「アカデミックな企画、ハチャメチャな企画、実験的な企画の3パターンで、どれもバカバカしいことを、真剣にやるのがポイントです。普通、バカなことはふざけてやっちゃいますから」

 

 なぎらとタモリとの間には、不思議な “縁” があるという。

 

「もしかしたら、僕はいちばん古い共演者かもしれません。自然に楽しむ感覚は、彼のデビュー前から赤塚不二夫さんたちといっしょに遊んできたなかから生まれたものですから。こうすれば相手が喜ぶ、というベッタリした関係でなく、つかず離れずの感覚があると思います」

 

 タモリの番組への愛情も、たしかにベッタリしていないような……。
(週刊FLASH 2017年10月17・24日合併号)

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入