最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1492号
11月27日号
11月13日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第15弾】10月19日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

宮川大輔『イッテQ!』とことんやると決めた松本人志の言葉芸能・女子アナ 2017.12.10

宮川大輔『イッテQ!』とことんやると決めた松本人志の言葉

 

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の “お祭り男” として大活躍中のお笑い芸人・宮川大輔(45)。2007年3月にスタートした、世界のお祭りに参加する「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」は、番組の高視聴率を支える人気コーナーだ。

 

「第1回放送『マリ共和国 死者の祭り』は、死ぬほどおもしろくなかったんです(笑)。脂汗が出るような、ただのお祭りレポーターみたいな感じになってしまって。

 

 収録が終わったあと、メイク室にいた出川(哲朗)さんに、『どうやればいいのかわからなくて』って言ったら、出川さんも『そうだよね』って。

 

 そして、ディレクターが『もっと体を張ったすごい祭りがあるから』と、シフトチェンジしてくれて。次がラストチャンスという気持ちで挑みました」

 

 2回めの収録は、「メキシコ トトナカ族 鳥人祭り」。地上35メートルの鉄柱を登り、ロープ1本で舞い降りるという、まさに命がけの祭りに参加した。

 

 宮川は「母と妻に遺書を書いて」、見事にミッションをクリア。MCの内村光良がのちに「これで『イッテQ』は救われた」と語るほど、番組の大きな分岐点となった。

 

「松本(人志)さんにご飯に誘われて、『大輔、イッテQ観てるで。お前すごいな。あんだけやったらウッチャンはめちゃめちゃ喜んでると思うで』って言ってもらって。

 

 松本さんが観てくれていることにも驚いたけど、内村さんに褒められた気分になって、俺、とことんやったんぞ、と腹を決めました」

 

 宮川は、NSC(吉本のタレント養成所)を卒業後の1991年、東京のレギュラー番組『吉本印天然素材』(日本テレビ系)への出演が決まり、順風満帆な芸人生活をスタートした。

 

 雨上がり決死隊、ナインティナインなど、若手芸人12人による『天素』のメンバーは、ダンスもできるお笑いユニットとして活動。アイドル的な人気を誇った。

 

「クラブ活動の延長という感覚で、やってることは楽しかった。でも、自分のキャラがわからんし、芸人としてどうやねん、っていう思いはありました。

 

 先輩芸人からは『アイドルみたいに踊って、なんやねん』という声が聞こえてきて。2年くらいで『天素』もあかんようになって解散。

 

 まだ大阪に住んでたんですけど、雨上がりさんが東京へ行くことになって俺も行こうと。コンビを組んでた、ほっしゃん。(星田英利)に『東京行かへん?』って誘ったら『まだええわ』って。

 

 だったら一人で行こうと。当時、つき合ってた彼女と一緒に上京しようと思ったんです。

 

 で、25歳のとき、両親に『東京へ行って彼女と同棲する』と言ったら、めっちゃ怒られて。『結婚してないのになんで一緒に住むんや! あかん! 絶対許さへん』って。

 

 じゃあ、結婚しよか、と。彼女も納得してくれて入籍。ただ、東京へ来たのはいいものの、芸人としての仕事は2カ月に1回程度でした」

 

 生活費を稼ぐためにアルバイトを始めたが、長くは続かなかった。タクシーにガスを入れる仕事、深夜の宅配便の仕分け、ロシア料理のコックとしても働いた。

 

 本人いわく「このころは、芸人ではなく、自称・芸人」。頭の中に、芸のことはまったくなかったが、野心だけは消えなかった。

 

「俺は絶対有名になったる。芸人としてかどうかはわからんけど、俺はなんかある。そんな思いがあった――」

 

みやがわだいすけ
45歳 1972年9月16日生まれ 京都府出身 1990年、NSC大阪校に入学(9期生)。映画『パッチギ!LOVE&PEACE』『賽ノ目坂』『さらば愛しの大統領』、ドラマ『シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~』『チーム・バチスタの栄光』『銭ゲバ』などに出演。映画『役者泥棒』公開中

 

(週刊FLASH 2017年11月28日号)

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2018年秋号
10月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

Vol.6 9月21日発売
表紙:小倉優香

詳細・購入