最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

M-1審査員だった博多大吉が「ゆにばーす」に度肝を抜かれる芸能・女子アナ 投稿日:2017.12.10 16:00

M-1審査員だった博多大吉が「ゆにばーす」に度肝を抜かれる博多大吉が「ゆにばーす」に度肝を抜かれる" width="600" height="400" class="lazy alignnone size-full wp-image-29691" />

 

 12月6日放送の『たまむすび』(TBSラジオ)ラジオクラウド配信にて、お笑い芸人、博多華丸・大吉の大吉が、「M-1グランプリ」のネタ講評を行っていた。

 

 点数の上がりづらいトップバッターながら、司会の今田耕司から「トップバッターでこれほど盛り上がるのは珍しい」と評価された「ゆにばーす」について、大吉も好評価を下していた。

 

「実はトップバッターは、だいたい85から90の間でつけよう、みたいな流れがあるんですけど。あれだけの舞台で急に出てきてやれたっていうので……」

 

 さらに、個人的に評価が高いポイントがあったと語る。

 

「ぼくが一番評価したっていうか、すげえなって思ったのが、『翼の折れたエンジェル』のくだり、あれで度肝抜かれたんですよ。何やってんだ、こいつら? と思って。あんな大舞台の、あんな大事なところで、『翼の折れたエンジェル』のサビ、歌う?」

 

 4分という縛りのなか、ネタの終盤でボケのはらが中村あゆみの楽曲『翼の折れたエンジェル』の大サビをまるまる歌うという場面があったのだ。

 

「けっこう、歌ったやん。あのときにちょっと鳥肌が立ったんですよ。ゆにばーすのやり方に。すげえなと思って。よっぽど自信があるんだなっていうか。若手の頃から、ずっと上の人に言われてたのが、漫才でもコントでも、『とにかく芸人はポリシーがないとダメだ』って言われてて。

 

 この答えって、いまだにわかってないんですけど。『自分はこれが面白い』って思う、揺るぎない心のことをポリシーっておっしゃってたと思うんですね、僕の解釈だと」

 

 そのポリシーを、ゆにばーすから感じたというのだ。

 

「それが大事だとすれば、あの場で『翼の折れたエンジェル』をしっかりと歌って、しっかりウケきるっていうのは、すごいって思って。勇気がいるっていうか、僕ならできない。あのネタは、作れないかなって思って」
 

 

 残念ながら決勝に進んだ10組中8位となってしまったゆにばーすだが、芸人にとって大切なポリシーを持って、この結果を次につなげてほしい。

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入