最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1632号
2月8日号
1月25日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月25日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

綾小路きみまろ「流行語大賞」を獲らない程度の露出戦略

芸能・女子アナ 投稿日:2017.12.14 16:00FLASH編集部

綾小路きみまろ「流行語大賞」を獲らない程度の露出戦略

 

 漫談家の綾小路きみまろが、12月10日放送の『ウチくる!?』(フジテレビ系)に出演。番組では、きみまろが売れるきっかけとなった、2002年の漫談CDの裏側を語った。

 

 きみまろは、キャバレーや演歌歌手の司会など、下積みを30年経験。50歳になったとき、「芸人として何か残したい」と、それまで培った漫談スタイルのカセットテープを自主制作。3000本以上を無料で配布したという。

 

 きみまろは当時のことを、「A面B面25分のカセットテープを、(高速道路の)サービスエリアで配っていたんです。秋田、新潟、茨城ナンバー(の大型バス)がどんどん入ってくるから、地方に行かなくても配ることができた」と振り返る。

 

 これには出演者も「全国に持って帰ってくれる。みんなが地元に帰って口コミで広がる!」と、きみまろの作戦に感心しきりだった。

 

 テープは評判を呼びCD化された。漫談シリーズの累計売り上げは500万枚以上にも及ぶ。

 

 司会の中川翔子に、デビューから15周年を迎え、ファン層の変化について聞かれたきみまろは、「50歳だった人が15年経って65歳。65歳の人は15年経って80歳。そういうお客さんは現場(ライブ)に来れない。『そこを誰が埋めているのか』。30代、40代の人たちが徐々に上がってきている」と分析。

 

 ライブを観た30代の中川も「爆笑しました」と感想を語るように、年を重ねるごとに漫談の面白さがわかっていき、観客の世代が繋がっていくのだという。

 

 きみまろは、2015年4月23日の「ORICON NEWS」のインタビューで、漫談家として生き残るため、ブレイク時も流行語大賞を獲らない程度に露出する戦略だったと語っている。

 

「そのころはテレビに出るのを抑えて、ライブ中心にやってきました。正直、コメンテーターとか美味しい話もありました」

 

 きみまろは、すぐに飽きられないように、自らテレビでの露出をコントロール。まったく出ないのもライブの集客に影響するため、ほどよく調整しているという。

 

 番組で「もう少し需要があるんじゃないか」と語っていたきみまろ。年間100本以上のライブを15年以上続け、いまなおチケット完売が続くというのだから、さすがである。

 

 

続きを見る

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入