最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1562号
6月2日号
5月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月22日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

なんでもプロデュース秋元康が発見した「AKB48のファン心理」芸能・女子アナ 投稿日:2017.12.17 11:00

なんでもプロデュース秋元康が発見した「AKB48のファン心理」

 

 AKB48総合プロデューサーの秋元康が12月13日、ラジオ『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)にゲスト出演。改めてAKB48のコンセプトを説明し、握手会の重要性を語った。

 

「握手会がどうのこうのと言う人もいるけど、AKB48の基本的なコンセプトは、それぞれのファンの人がそれぞれの思いでプロデュースしていく感じが面白かった。

 

 一番初めに劇場で見ていたときに、(ファンが)握手して、『この間のしゃべりはテンポ悪かったから、もうちょっと上手くやったほうがいい』とか、『髪は切ったほうがいい。外ハネはうるさく見えるね』って一人ひとりに言っていた。

 

 そこで『なるほど』と。ファンは “自分が育ててあげたい” という思いがあって、その時間はすごく大事だと。その場は絶対必要」

 

 ファンがメンバーにアドバイスを送って、それがメンバーに刺激と影響を与え、ファンにはプロデューサー気分を味わわせるという、握手会がもたらす一石二鳥の効果を説明した。

 

 その一方、AKB48活動初期に、AKB48劇場で一番大声を出して応援したファンにMVPとしてTシャツをプレゼントする企画を行ったが、1日目でファンからブーイングが来て、その企画はやめたという。

 

 そうした柔軟な姿勢で、さまざまなプロデュースを行ってきた秋元は、ほかにも多種多様な企画を世に送り出している。

 

 AKB48は今年ドラマ『豆腐プロレス』(テレビ朝日系)でプロレスに挑戦したが、秋元は過去に「ジャパン女子プロレス」にアドバイザーとして参加。プロレスラーのリングネームなどを考案し、キューティー鈴木も命名している。

 

 女性だけの集団といえば、秋元は1990年代には、お笑いコンビ・ピンクの電話、タレントの磯野貴理子らが参加する劇団「フロントホック」をプロデュース。演出は、後に映画『トリック』などを監督する堤幸彦が担当していた。

 

 その堤は、作家・林真理子との『週刊朝日』の対談で、秋元が過去に東京・青山に「うんこや」という飲食店をプロデュースしていたことを明かしている。メニューに「たっぷりうんこして帰ってください」と書かれており、箸置きがうんこの形など、かなり変わったカフェバーだったという。

 

 秋元は今年、AKB48グループ、坂道シリーズのプロデュースだけでなく、嵐の二宮和也主演映画『ラストレシピ 麒麟の舌』や、俳優・福士蒼汰主演ドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)を企画。

 

 新たに「劇団4ドル50セント」、オーディション番組「ラストアイドル」(テレビ朝日系)など多様なジャンルをプロデュース。来年還暦を迎える秋元だが、これからも世の中に驚きを与えてくれそうだ。

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入