最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1657号
8月23日・30日号
8月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月26日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

カンニング竹山ワークライフバランスを語る「日本人は正月は休め」

芸能・女子アナ 投稿日:2017.12.24 06:00FLASH編集部

カンニング竹山ワークライフバランスを語る「日本人は正月は休め」

 

 12月18日放送の『たまむすび』(TBSラジオ系)にて、お笑い芸人のカンニング竹山が、お正月も働く日本人に対して「正月は休むべき」と持論を語っていた。

 

 竹山がレギュラをーを務める月曜の『たまむすび』は、新年最初の月曜が1月1日のため、その日だけは休みになる。

 

「ラッキーと見るか、悲しいと見るのか」と迷うアナウンサーに対して、「ラッキーでしょ」と笑う竹山。

 

「ぶっちゃけ、本音を言うと、『元旦の昼間13時から『たまむすび』月曜生放送やります』って言われたらどうする? 正月から、かなりしんどいよ」

 

 さまざまなお店が元旦から営業していることについても、「休むべき」と語る。

 

「元旦は休んだ方がいい。お正月ってね、三が日どこの企業も休んだ方がいいのよ。無理してデパートとかもやろうとするじゃない。そういうのもやめて。コンビニもやめて。お正月は全部休み!」

 

 さらに、このように語っていた。

 

「本当は、世の中その方がいいの。そのために12月の末にさ、『お正月、空いてないから』っていろいろ買ったわけじゃない。そうやると、経済も回るし。一斉にみんな休めばいいけど、働いちゃうから」

 

 電通やNHKなどの有名企業でも過労死が相次ぎ、ワークライフバランスを見直す機運が高まる昨今。働きすぎ解消のためには、竹山の言うことも一理ある。


続きを見る

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入