最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1470号
6月5日号
5月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

4月15日増刊号
3月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第9弾】4月20日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

モデルより役者歴が長い「波瑠」下積み時代は悪態つく役ばかり芸能・女子アナ 2018.02.01

モデルより役者歴が長い「波瑠」下積み時代は悪態つく役ばかり

 女優の波瑠が、1月26日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系)に出演した。

 

 波瑠は2015年の『あさが来た』(NHK)で主演を果たし、名実ともにトップ女優の仲間入りを果たした。2007年から2012年まで、雑誌「Seventeen」のレギュラーモデルを務めていたというが、役者としてのデビューの方が早いという。

 

「最初はバーター出演みたいな。事務所の先輩がメインで出てる作品にちょっとだけ出る。役名もない役だったので、歩くだけとか、クラスメイトとか」

 

 いまの彼女からそんな姿はとても想像できないが、2016年7月10日放送の『さんまのまんま』(フジテレビ系)でも、下積み時代について語っている。

 

「『だから私を座らせて。通勤電車で座る技術!』っていう映画に(初めて)出て。主演の方に悪態をつく役。でもそんな役が多かったんですよ、不良とか。ドラマで『ボス猿』っていう役名の女の子をやったこともあります。キツイ役をやることが多かったです」

 

 そんな波瑠にとって転機となったのは、厳しく指導してくれる、映画の現場の人たちとの出会いだったという。

 

「『女の子ものがたり』っていう映画の森岡監督と、プロデューサーの西口さん。女性の方なんですけど、当時の何もできない私に、2人してめちゃめちゃ厳しくて。

 

『あんたそんな棒読みでいいと思ってるの?』『真面目にやんなさい』って。本当にやってる当時は怖くて、できれば見つからないように、その現場で過ごしたいみたいな。そんなわけいかないのに」

 

 そのとき指導された内容が、いまだに役立っているという。

 

「不安でしょうがなくて台本を離せなかったんですね。ずっと台本を持っていたら、『台本を読むのは本読みまで。リハーサル以降は台本は持たないし、見ない。覚えときなさい』って言われて」

 

『アナザースカイ』では、この経験から「台本を見なくてもできるように準備しておくということが身についた」と明かした波瑠。トップ女優として活躍できていることを考えれば、厳しい下積みも無駄ではなかったということだろう。

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2018年GW号
4月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

Vol.3 2月2日発売
表紙:中田花奈・桜井玲香・秋元真夏・若月佑美

詳細・購入