最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1567号
7/28・8/4合併号
7月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月14日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

映画監督・崔洋一が追悼「大杉漣さん」過酷な撮影も厭わず…芸能・女子アナ 投稿日:2018.02.28 11:00

映画監督・崔洋一が追悼「大杉漣さん」過酷な撮影も厭わず…

 

 2月21日、大杉漣さん(享年66)がロケ先で倒れ、突然この世を去った。急性心不全だった。

 

『犬、走る DOG RACE』(1998年)などでメガホンをとった崔洋一監督(68)が振り返る。

 

「遠藤憲一演じるヤクザに彼がシメられるシーンで、千葉の産業廃棄物処理場の、濁った水たまりの中に押しつけられ、いたぶられるところを撮影した。映像ではわかりにくいけど、極寒だった。ものすごく辛い撮影。上がって1時間以上、彼の体の震えが止まりませんでした。壮絶でしたよ。

 

 彼が倒れるところをロングショットで撮ったんだけど、『無意識のうちに倒れていた』って言ってた。後に『過酷だった』って言ってたけど、撮影中は苦労をいとわない人だったし、こちらも苦労させているっていう気にならない。不思議な人だった」

 

 大杉さんの地元・徳島県でのトークショーに、誘われて一緒に出演した。

 

「そのときは、彼が高校時代から通ってるラーメン屋に行ったり、地元の友人とドンチャンやったり。仕事で行っているのに、旧友と旅をしている感覚にさせてくれたよ」(崔監督)

 

 大杉さんの父親は中学校の校長を務めていた。18歳で家を出て、アルバイトと芝居に明け暮れていた大杉さんの演劇を、一度だけ観に来たことがある。

 

 終演後、楽屋に来たのは母親だけ。ロビーでタバコを吸っていた父親は「俺にはさっぱりわからんな」とだけつぶやいた。後に大杉さんはスポーツ紙の取材に、「『頑張れ』とも言われなかった。それが親父の愛情だと受け取った」と話している。

 

 昔気質の父親の存在が、バイプレイヤー・大杉さんを育てた。

 

「人に毒をまき散らすことはしない。気がつくとひょろっといる。主役の俳優が年下でも、きちんと立てる。主役を気持ちよく演じさせる立ち居振舞いが、自然にできる。それでいて、主役を食うところは食いに行く。愛される人だった」(崔監督)

 

 いつも鞄は、進行中の台本が10冊以上入ってパンパンだったという。名バイプレイヤーは、みんなの心の中では主役だった。

 

(週刊FLASH 2018年3月13日号)

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入