最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1570号
8月18日・25日合併号
8月4日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月28日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

TBS名物「逃げ恥プロデューサー」が「左遷」された芸能・女子アナ 投稿日:2018.04.11 11:00

TBS名物「逃げ恥プロデューサー」が「左遷」された

A氏(右端、写真・時事通信)

 

 TBS名物プロデューサーが、ひっそりと制作現場を去っていた。

 

「『逃げ恥』のプロデューサーとして知られるA氏が、4月1日付でTBSホールディングスのグループ経営企画局経営戦略部に異動した。次回作に期待がかかっていただけに、驚く声が多い」(制作会社ディレクター)

 

 A氏は、TBSが誇る名テレビマンだ。1988年の入社後、おもにドラマ・映画畑を歩んできた。『白夜行』『流星の絆』『新参者』など人気ドラマに監督や企画、プロデューサーとして携わり、近年では有村架純(25)が主演した『映画 ビリギャル』も担当した。

 

 なんといっても代表作は、新垣結衣(29)主演で話題となった『逃げるは恥だが役に立つ』だ。「恋ダンス」のブームを起こし、最終回は平均視聴率20.8%を記録。2017年のエランドール賞では、主演の星野源(37)が新人賞を、制作チームは特別賞を受賞した。

 

「女優として駆け出しだったガッキーを2007年に日曜劇場『パパとムスメの7日間』と映画『恋空』で起用したのがA氏。『ハナミズキ』などのヒット作で主役に抜擢し、『逃げ恥』を大成功に導いた」(芸能プロ関係者)

 

 近年は、ドラマの仕事に携わりつつ映画・アニメ事業部長に。2018年、A氏の肝煎りで制作された『新幹線変形ロボ シンカリオン』は、子供だけでなく、アニメファンや鉄道ファンも巻き込んだブームを起こしている。

 

 そんなヒットメーカーがなぜ現場を離れたのか。

 

「A氏は当たると感じたら有無を言わさず進んでいくタイプ。企画を不安視されても、強引に実現させてきた。一緒に仕事をするスタッフからは、『厳しすぎてついていけない。これではパワハラだ』という声が上がっていた。実際に社内外から、会社に訴えがあったと聞いている」(前出・制作会社ディレクター)

 

『映画 ビリギャル』は、原作に感銘を受け、すぐに監督に連絡を取り、1週間で製作を決心したという。職人気質の “制作畑” で邁進してきたA氏と、コンプライアンス重視の今の現場とで温度差が生じていた。

 

「A氏の異動先は、グループ会社の経営状態を管理する重要な部署だが、制作現場でバリバリやっている人が行くことは少ない。これは事実上 “左遷” 人事だ」(ドラマ制作関係者)

 

 A氏の異動とパワハラ、担当番組の今後の予定についてTBSに聞くと、「人事の内容や番組の制作過程については、お答えしておりません」(広報)と回答。

 

 奇しくも、A氏が異動したのは勤続30年の記念日だった。
(週刊FLASH 2018年4月24日号)

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入