最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1477号
7月24日・31日
合併号
7月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

4月15日増刊号
3月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第11弾】6月29日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

丸岡いずみほか不妊に悩んだ有名人「克服の鍵」は夫のサポート芸能・女子アナ 2018.05.09

丸岡いずみほか不妊に悩んだ有名人「克服の鍵」は夫のサポート

丸岡いずみと夫の有村昆

 

 不妊に悩んできた有名人は多い。

 

 フリーアナウンサーの丸岡いずみ(46)夫妻が2018年1月に授かった第一子は「代理母出産」によるものだった。丸岡は過去に2度の流産を経験、着床、妊娠継続が難しい「不育症」の可能性が高いとされたため、この方法を選択した。

 

 代理母出産は、
(1)夫の精子を代理母の子宮に入れる
(2)夫婦の受精卵を代理母の子宮に入れる
 の2種に大別されるが、丸岡夫妻は(2)のパターンだった。

 

 代理母は国内で禁止はされていないものの、日本産科婦人科学会が原則として認めていないため、海外でおこなう場合が多い。丸岡夫妻の代理母はロシア人だったという(本誌では、夫妻に取材を申し込んだが、所属事務所から丁重に断わられた)。

 

 森三中の大島美幸(38)もやはり2度の流産を経験、人工授精による妊娠で2015年に出産。夫の脚本家・鈴木おさむ(45)が妊活を綴った著書も話題になった。

 

 女優の釈由美子(39)は「多囊胞性卵巣症候群」という排卵障害を抱えていたが、2016年、自身の38歳の誕生日に第一子を出産している。

 

 元テニスプレーヤーの杉山愛(42)は36歳で6歳下の男性と結婚、不妊治療に取り組んできた結果、40歳にして第一子を出産している。人工授精を4度おこなったがうまくいかず、その後の体外受精で妊娠に成功した。

 

 これら4つのケースで共通するのは、夫である男性側が積極的にサポートしていたこと。妊活の成就には夫婦の協力が不可欠だといえよう。
(週刊FLASH 2018年4月10日号)

 

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2018年初夏号
6月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

Vol.5 7月13日発売
表紙:齋藤飛鳥

詳細・購入