最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1486号
10月9日号
9月25日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

4月15日増刊号
3月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第14弾】9月21日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

加藤綾子『ブラックペアン』自分の演技はロボットみたい…芸能・女子アナ 2018.06.29

加藤綾子『ブラックペアン』自分の演技はロボットみたい…

 

 クランクインから約4カ月、加藤綾子(33)はようやく安堵の表情を浮かべ、パーティ会場を後にした。アナウンサー界の頂点に立つ女王の新たな挑戦が、終わった。

 

 今期放送された連続ドラマで最高視聴率を叩き出したのが、日曜劇場『ブラックペアン』(TBS系)だ。その撮影終了を祝う打ち上げが6月中旬、都内の外資系高級ホテルでおこなわれた。 

 

 主演の二宮和也(35)や竹内涼真(25)、葵わかな(19)らとともに出席したカトパンは、今作で初めて、連ドラに主要キャストとして名を連ねていた。

 

「過去にも連ドラ出演の話はあったが、演技に自信がなく、断わっていた。だが今年、朝ドラへちょい役で出演したのをきっかけに、演技の仕事をやってみたいと思うようになった」(制作会社関係者)

 

 放送中のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』に1話のみゲスト出演したのに続き、今作で本格的に女優デビューを果たしたカトパン。

 

 だが、経験豊富な女子アナ女王とはいえ、人気のドラマ枠「日曜劇場」の重圧は予想以上だった。カトパンは打ち上げのスピーチで、その苦悩を語った。

 

「他局の番組でも出演者の方に『ブラックペアン観たよ』と言っていただけるのですが、試写会で自分の演技を見たとき、なんだかロボットみたいで……。母は『綾子、よかったよ』と言ってくれたのですが、皆さんの足を引っ張ってしまいました……」

 

 つねに冷静で淡々としゃべる治験コーディネーター役だったこともあるだろうが、カトパンの演技には厳しい声が多かった。NHKアナウンサーから女優に転身して成功した故・野際陽子さんを引き合いに出されるが……。

 

「今のところ、次の本格的な演技の仕事は入っていない。所属事務所としても女優として売り出すつもりはなく、あくまでもフリーアナウンサー。今後は、テレビ番組の司会やCMなどを仕事の中心にしていく。この日の打ち上げでも急に司会をまかされたが、見事にこなしていた」(出席した芸能プロ関係者)  

 

 原点に立ち返った女子アナ女王。笑顔で “卒業式” の一夜を楽しんでいた。いつかまた女優・カトパンにも帰ってきてほしい。

(週刊FLASH 2018年7月10日号)

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2018年盛夏号
8月18日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

Vol.6 9月21日発売
表紙:小倉優香

詳細・購入