最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

日テレ「阿部哲子アナ」の失敗談「画面につむじしか映らず…」芸能・女子アナ 投稿日:2018.07.29 16:00

日テレ「阿部哲子アナ」の失敗談「画面につむじしか映らず…」

 

 アナウンサーの番組初出演を指す業界用語「初鳴き」。2018年も研修を終えた新人アナたちのデビューが近づいてきた。そこで、人気アナたちに、当時の失敗談や初々しいエピソードを語ってもらった!

 

 

「日テレのアナ研修が厳しかった最後の時代といわれていますね。鍛えられましたよ」と振り返る阿部哲子アナ(39)。初鳴きは、2001年6月、『日テレNEWS24』だった。

 

「ニュースを24時間放送する専門チャンネルで、新人は、比較的視聴率が低い夕方などに出演します。『アナウンサーは原稿を読むのではなく、(内容を)伝えることが仕事』と教えられましたが、ほとんど下を向いて原稿を読んでしまい、録画を見るとつむじしか映っていませんでした(笑)」

 

 挨拶しただけでアクセントを直されるような毎日。自分のできなさ加減に落ち込んだ。

 

「アナウンス室に入るのが怖くて、ドアの暗証番号を押せなくなったこともありました。先輩にそのことを話し、皆さんが経験していたことだと知りました」

 

 現在は『バラいろダンディ』(TOKYO MX1)で天然キャラを炸裂させている阿部アナだが、新人時代は「言葉が出てこなくなるような毎日」(本人談)だったという。

 

 そんな新人・阿部アナを救ったのは、2007年に43歳で亡くなった大杉君枝さんの言葉だった。

 

「あるロケの集合場所が、歌舞伎町だったんです。大杉先輩が『阿部を一人で新宿の雑踏で待たせるの? 誰か一緒にいたほうがよくない?』と口添えしてくれたんです。研修ではとても厳しかったのですが、そっと母のように見守ってくれていることを知り、胸が熱くなりました」

 

 同期は西尾由佳理アナ(現在フリー)と杉上佐智枝アナ。

 

「当時はアイドルアナ全盛時代でしたが、それが苦手な3人でした(笑)。西尾さんはそう見られがちでしたが、3人のなかでいちばん嫌だったはず。私と杉上さんは『かわいそうだねえ〜』と楽しんでいました。

 

 3人ともスポーツ番組を担当しながら、誰もアスリートと結婚しなかったのは、局として意外だったかもしれません(笑)」

 

あべあきこ
千葉県出身 横浜国立大学卒業後 2001年から2007年まで日本テレビに在籍。現在はフリー。『バラいろダンディ』(TOKYO MX1)などに出演

 

(週刊FLASH 2018年7月3日号)

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入