最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1509号
4月9日号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第19弾】2月22日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

佐村河内守、競売マンションに居座り中芸能・女子アナ 2018.12.20

 

「現代のベートーベン」佐村河内守氏(55)を醜聞が襲ったのは、2014年2月。自作のはずの曲はゴーストライターによる代作で、「まったく聴こえない」とされた耳も、難聴であるが、聴こえていると暴露されたのだ。

 

 真っ最中だった全国ツアーは中止。公演を企画した大阪市のS社から損害賠償訴訟を起こされ、2017年、約4230万円の支払いを命じられた。

 

 

 神奈川県に所有する74平方メートルの自宅マンションは差し押さえられ、2018年6月に強制競売開始が決定している。12月上旬、『週刊新潮』の取材に応じた佐村河内氏は騒動の後、ずっと家にこもっていたと告白している。

 

 本誌がマンションを訪ねると、ベランダに姿を現わした佐村河内氏はタバコを一服して部屋に戻った。後日あらためて訪問したが、インターホンに反応はなく、取材申し込みの手紙にも、締切りまでに返答はなかった。

 

 S社の代理人弁護士は本誌の取材に「もう少しで、次の所有者が決まりそうな状況です」と明かしており、マンションを手放すことになりそうだ。

 

 じつは佐村河内氏、最近プロレスラーのザ・グレート・サスケのテーマ曲を作曲したというが……茨の道は続く。

 


(週刊FLASH 2019年1月1、8、15日合併号)

【関連記事】

・佐村河内守氏「逆ギレ謝罪会見」が私腹を肥やす可能性

・新垣隆氏“偽ベートーベン騒動”後のコンサート出演料は?

・借金問題を抱える「小室圭さんの母」妖艶年賀状に秘めた思い

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入