最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1538号
12月3日号
11月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

NGT48暴行事件、暗躍するアイドルハンターたちの全手口芸能・女子アナ 投稿日:2019.01.24 06:00

NGT48暴行事件、暗躍するアイドルハンターたちの全手口

 

 1月18日、東京・文京区で開かれたAKB48グループのコンサート「リクエストアワー」でどよめめきが起こった。10日の3周年記念公演以来、地元・新潟でのライブを休んでいるNGT48が登場。荻野由佳(19)、中井りか(21)をはじめメンバーが、元気な歌声を聴かせたのだ。

 

 またこのライブでは、山口真帆(23)の事件で逮捕された2人と、事情聴取された仲間のファン1人が、「出入り禁止」になった。事件の余波が収まらないなか、こうした「アイドルハンター」といわれる一部の過激ファンたちの存在が報じられている。

 

 

 

「アイドルと私的な交流を持つことを、オタク用語で『繫がる』といいます。通常、御法度とされていますが、『繫がる』ことを目的にしているファンはいる。なかには、自宅をつきとめようといった、過激な手段に出る者もいる」(音楽関係者)

 

 本誌は、あるアイドルグループの「ハンター」の1人だった、20代の男性・Aさんに話を聞くことができた。

 

「ハンターたちはまず、大量の資金を投入してCDを買うなどし、握手会に長時間参加。メンバーとの距離を縮めます」(Aさん、以下同)

 

 それだけならかわいいものだが、アイドルハンターたちはさらに踏み込んでいく。

 

「最近は、アイドルの追っかけだった女のコが、自分もアイドルになるケースがしばしばある。すると、彼女がアイドルになった時点で、かつての追っかけ仲間はアイドルと内通できる」

 

 NGT48のように、事務所がマンションの部屋を複数借りて「寮」にするケースは多い。

 

「もともと知り合いだから、『寮』に出入りするのに躊躇はない。あと、給料が安いアイドルの場合は、食事を差し入れするとやっぱり喜ぶんです。

 

 そんなことを繰り返すうち、私も、ハンター数人でアイドルの寮に行って、メンバーと車座になって食事をするようになっていました。でも未成年のコもいますし、お酒はほとんど飲んでいません。やはり、運営に言いつけられるのは怖いですからね。

 

 あと僕のいたグループは、メンバーと1対1で会うのは禁止でした。だから、皆さんが想像するような性行為はなかったと思いますよ」

 

 だが、NGTの寮で山口の顔をつかんで逮捕されたハンター2人は、不起訴にこそなったが、山口の心に深い傷を残した。

 

「逮捕された2人は、友人宅などを泊まり歩く生活を送っている。収入源は、洋服の転売やパチスロ。それで月に40万円から50万円稼いでは、アイドルにつぎ込んでいた」(NGTに詳しい関係者)

 

 NGT48は拠点が新潟市で、自治体としての規模が小さい。その影響もあってか、周囲では、アイドルハンターが暗躍していた。

 

「小さい街だし、移動の車を追っかければ寮はすぐにわかる。私がオタクを始めたときには、場所を知っているファンがすでにたくさんいた。普通のオタクは行かないけど、なかには、寮に行っちゃう人がいる」(地元ファン)

 

 中井りかは以前、自宅で動画配信中に、窓の外から男性の奇声が聞こえる騒ぎがあった。

 

「声は、よくオタクがライブで出す掛け声だった。動画配信から声が聞こえるかどうかで、ハンターがマンションの場所を確かめようとしたとみられている」(別の地元ファン)

 

 ハンターの仕業かは不明だが、荻野由佳がレッスン終わりに、男に車に連れ込まれそうになる物騒な出来事も。

 

 山口の住んでいた寮は、新潟市内にある、普通の単身者向けマンション。事件を受け、ここに住むメンバーは一斉に引っ越すというが、メンバーの日常生活をどう守るかは、解決策が見えない。

 

「厄介なファンに厳しい」と評判の、新しいNGT劇場支配人・早川麻依子氏の課題は大きい。

 


(週刊FLASH 2019年2月5日号)

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入