最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1670号
12月20日号
12月6日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月6日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

内田裕也さんがサイン残したホルモン焼き店「全部ロックだった」

芸能・女子アナ 投稿日:2019.03.28 20:00FLASH編集部

内田裕也さんがサイン残したホルモン焼き店「全部ロックだった」

 

 3月17日、肺炎のため死去したロック歌手内田裕也さん(享年79)。追悼の声は、音楽関係者のみならず、さまざまな分野から上がっており、裕也さんの人望の高さがうかがえる。

 

 きたる4月3日には、お別れの会として「内田裕也 Rock’n Roll葬」がおこなわれることも決まった。当日の会場では、ロックミュージックが流され、日本ロック界を支えてきた裕也さんにふさわしい「ロック葬」で送り出される予定だ。

 

 

 常に日本ロック界の前線にいた裕也さんは、私生活も「ロック」だった。今回本誌は、裕也さんがプライベートで来店していたというホルモン焼き店に話を聞いた。

 

 同店が店を構えるのは、東大駒場キャンパスがある駒場東大前。店頭から渋谷のビル群が望めるものの、人通りの少ない閑静な住宅街にその店「丹虎」はある。

 

「内田裕也さんがいらっしゃっていたのは今から8年ほど前のことです。少なくとも2度は来店してくださいました。当時の従業員はいませんが、来店されたときの話は私も何度か伺っております」(店長)

 

 芸能人もしばしば訪れることがある同店だが、サインをもらうことはあまりない。しかし、裕也さんのときだけは違った。突然やってきた裕也さんの、あまりのオーラの強さに、思わずサインを依頼してしまったという。

 

 快くサインに応じてくれた裕也さんは、「TO TANTORAさん 内田裕也 Rock’nRoll! 謝」としたためた。

 

「裕也さんのご来店に立ち会ったスタッフは、みな口を揃えて『ロックだった』と言っていたと聞きます。たたずまいから、注文の仕方から、ホルモンの焼き方、食べ方まで、とにかくすべてが『ロックだった』と」

 

 後日、裕也さんは直接店に電話をしたという。伝えたメッセージは「サイン汚くてゴメンネ」。そのサインは今も店内に飾られている。

続きを見る

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入