最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1538号
12月3日号
11月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

萩原健一さん、本誌記者に「ドロボー」呼ばわりの無頼芸能・女子アナ 投稿日:2019.03.29 00:46

萩原健一さん、本誌記者に「ドロボー」呼ばわりの無頼

 

「ショーケン」の愛称で親しまれてきた、俳優の萩原健一さんが、3月26日、消化管間質腫瘍のため、都内の病院で亡くなった。68歳だった。

 

 1967年に「ザ・テンプターズ」のボーカルとしてデビューし、『神様お願い!』『エメラルドの伝説』などのヒット曲を出し、音楽界に大きな影響を与えた。グループ解散後は沢田研二さんらとロックバンド「PYG」を結成するなど、日本のロック界に貢献してきた。

 

 

 1970年代からはドラマ『太陽にほえろ!』『傷だらけの天使』などに出演。黒澤明監督の映画『影武者』に出演するなど、俳優としても大きな活躍を見せてきた。

 

 所属事務所のオスカープロモーションによると、萩原さんは病名の公表を控え、2011年から長らく闘病していたという。

 

 妻の萩原理加さんは、「最期は、とても穏やかで安らかに、ゆっくりゆっくり、眠る様に息をひきとりました。今はまだ、心の整理がついておりませんので、皆様、どうかご理解頂けると幸いと存じます」とコメントを発表した。 

 

 無頼派で知られる萩原さんだけあって、逮捕歴も数多くあった。2005年には主演映画『透光の樹』を途中降板しながら出演料を詐取しようとして逮捕。そのとき取材した本誌記者は、判決を待つ萩原さんから泥棒呼ばわりされたこともある。

 

「みなさ~ん、ドロボーでーす。捕まえてくださーい」と近所じゅうに響き渡る声で叫び続け、記者の腕をつかみ「ついてこい!」と言いながら交番へ。交番へ着くまでの10分間、「いま、ドロボーを連れていまーす」と連呼された。 

 

 昭和を代表する名役者だった萩原さん。平成が終わる直前の、惜しまれる死となった。

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入