最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1512号
4月30日号
4月16日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第20弾】3月29日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

長嶋家をめぐる最大のタブー「家族」と「生家」芸能・女子アナ 2019.04.04

 

 4月2日、久方ぶりに公の場に姿を現した「ミスター」こと長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督(83)。ミスター最大のタブーといわれるのは、長女・Yさん(51)だ。

 

 長男・一茂(53)より1歳年下のYさんが、今どこで何をしているかはまったく知られておらず、確かな消息が伝えられたことはない。

 

 2007年に亜希子夫人が亡くなり、次女・三奈(50)がオフィスエヌの社長に就任すると、Yさんも役員に就任したが、2010年にはなぜか解任されている。

 

 

 またカーレーサーだった次男・正興さん(48)も、現在は表舞台に出てくることはない。

 

 散り散りになった長嶋家を物語る、もうひとつの場所がある。千葉県佐倉市。最寄り駅から10分ほど歩くと、街道沿いに立つ広大な敷地の一戸建てが目に入る。ここがミスターの生家だ。

 

「両親が亡くなった後、ミスターのお兄さんにあたるご長男が、一人暮らしをしていましたが、数年前に亡くなりました。現在は、親族の方が所有しています」(近隣住民)

 

 本誌はこの親族の男性に、話を聞いた。

 

「東京の長嶋家の人が、佐倉の家に足を運ぶことはありません。やり取りもないし、長嶋さんが住んでいた当時のことは、誰も知らないんです」

 

 国民的スター・長嶋茂雄を嫌いな人はいないとよくいわれる。だが近すぎる人たちは、かえって複雑な思いを抱いているようだ。


(週刊FLASH 2019年4月9日号)

【関連記事】

・長嶋茂雄「黄疸」入院で「兄妹骨肉バトル」が再燃

・ミスター&三奈VS.一茂 長嶋茂雄一家「骨肉の争い」5年半

・新元号「令和」に中国から批判の声「平和ゼロに通じる…」

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入