最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

手術はわずか18分「稲川淳二」64歳で前立腺ガンを克服した秘訣

芸能・女子アナ 投稿日:2019.04.26 20:00FLASH編集部

手術はわずか18分「稲川淳二」64歳で前立腺ガンを克服した秘訣

 

 人間だれしも、ガンになるリスクを抱えている。「備えあれば憂いなし」とはいうものの、闘病経験のない者にとっては、未知の恐怖がある。そこで、「男性が罹りやすいガン」である、前立腺ガンを克服した稲川淳二(71)を訪ね、気になる「治療内容」「性機能への影響」「その後の生活」について聞いた。

 

 稲川に前立腺ガンが見つかったのは、64歳のとき。定期健診なども受けず、「自分がガンなんてありえない」と思っていた。

 

 

「2011年10月、怪談ツアーの東京公演中でした。その日は体調がよく、長い話を3本続けてしゃべったあと、突然、声が出なくなって、酸欠のような状態になったんです。

 

 頭が真っ白になって言葉が出てこない。客席がざわざわして、スタッフも焦りだして。これはなにかあるんじゃないかと、スタッフや友人にすすめられ、しぶしぶ病院へ行きました」

 

 検査の結果、小さな前立腺ガンが見つかった。それまで、症状がまるでなかったこともあり、告知されても気楽に構えていた。

 

「まわりは心配していたけど、私はぜんぜん平気でね。先生に『あと何年、生きられるんですか?』と聞いたら、『5年は生きられるよ』って。『じゃ、5年たったら先生に手術してもらおうかな』って言ったら、『今、70歳を過ぎていたら手術しろとは言わないけど、60代半ばではもったいない。手術すれば治るんだから』と言われましてね」

 

 医師からさまざまな治療法が提示された結果、手術支援ロボット「ダヴィンチ」による、前立線全摘出を決断した。

 

「2012年2月14日に入院して、翌日が手術。先生が『これから麻酔をかけます。起きる時間も計算できています。私が稲川さんの耳元に指を置きますから、握り返してください』と。で、気づいたら寝てしまっていて。

 

『先生、ごめん。寝ちゃった』って言ったら、『手術はもう終わりました』って。噓だと思ったけど、お腹のあたりに6カ所、小さな穴がありました。ちょっと腫れてるだけで、出血も輸血もなし。麻酔で2時間寝て、正味、18分の手術だったそうです」

 

 元気に起き上がって、個室の部屋まで歩いて帰ったという。2週間の入院予定が、10日間で退院できた。

 

「入院中は夜な夜なナースステーションへ行って、美人の看護師さんたちに、怪談を披露して過ごしました(笑)」

 

 現在は半年に1回、検査のため通院している。

 

「私は、ガンだからといって、神経質にならなかったのがよかったと思うんです。精神的に落ち込んでしまうと、体調も悪くなるでしょう。性的な力はないけど、もともと、弱くなっていましたからね。

 

 私が突然、酸欠になったように、普通に暮らしていれば、ほんのちょっとの変化に気づくものです。また、『顔色が悪い』『歩き方がおかしい』とか、指摘してくれる第三者の目も重要。そんなときは、検査を受けたほうがいいと思いますね。

 

 ガンを経験して、命をもらったような気がしています。あのままだったら、もしかしたら、5年後に死んでいたかもしれない。そういう人間が、今、言いたいことを言って、元気に仕事ができている。そんな時間をもらえて嬉しいですよ。みんなに感謝ですね」

 


いながわじゅんじ
1947年8月21日生まれ 東京都出身 最新DVD『稲川淳二の災恐夜話 表編 裏編』が発売中。今夏の『ミステリーナイトツアー2019』は、7月13日、昌賢学園まえばしホールからスタート。公式HPはhttp://www.j-inagawa.com

 

(週刊FLASH 2019年4月16日号)

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入