最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

年収10億円…ジャニー喜多川氏の知られざるオーディション現場芸能・女子アナ 投稿日:2019.07.09 23:46

年収10億円…ジャニー喜多川氏の知られざるオーディション現場

 

 7月9日午後4時47分、都内の病院でジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏が亡くなった。死因は、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血だった。 

 

 事務所の発表によれば、ジャニー氏は「ときに危険な状態に陥ることもございましたが、タレント達が呼びかけ、体を摩(さす)るたびに危機を脱することができました。タレント達と過ごすことでジャニーの容体が一時的に回復するという奇跡的な出来事」が繰り返し起きたという。

 

 

 芸能界・テレビ業界に強い影響力を持ち続けてきたジャニー氏は、1931年(昭和6年)アメリカに生まれ、幼少期を日本で過ごすも、終戦後に再渡米。

 

 高校時代はロサンゼルスで過ごしたが、当時、美空ひばりなど芸能人がロスの高野山ホールで公演したことをきっかけに、ショービジネスに興味を持ち始めた。

 

 1962年に事務所を設立し、自らを「クリエーター」と呼び、すべてのジャニーズタレントを発掘し、育成し、デビューさせてきた。

 

 かつて本誌に芸能関係者がこう明かしている。

 

「自薦、他薦で事務所には数多くの履歴書、写真が送られてきます。ジャニーさんは、それらすべてに必ず自分で目を通しました。他の人にはやらせない。かなりのスピードで写真の束をより分けて、その手がときに、はっと止まる。

 

 あれが、なにか光るものを見つけたときなんでしょう。これはもう感性によるものとしか言いようがない。彼が世に出すスターは必ず女性に受ける」

 

 そんなジャニー氏が、少年たちを判断する目は厳しかった。ジャニーズ事務所のオーディションを受けに来た少年を、独特のやり方で審査することもあった。

 

「少年たちがオーディションに行くと、そこには椅子が並べられていて、中年男性が部屋を片付けたり、飲み物を配ったりしている。

 

 少年たちはお菓子を食べたり、漫画を読んだり、思い思いにオーディションが始まるのを待っているんです。

 

 定刻を過ぎ、しびれを切らした少年が男性に『ジャニーさんはまだ来ないの? オーディションはいつ始まるの?』と聞くと、男性は『オーディションは終わった。ボクがジャニーだよ』と言うんだそうです。ジャニー氏は陰で手を抜いたり、嘘をついたりする人を嫌うんです」(芸能関係者)

 

 ジャニー氏によるタレント発掘・育成のおかげで、ジャニーズ事務所は日本で知らぬ人がないほど大きくなった。

 

 当然ジャニー社長個人の年収も巨額だ。かつて公開されていた資料によれば、1998年のジャニー氏の納税額は3億5666万円。その数字から、所得は10億6900万円と推定できる。

 

 CD・DVDの販売や、ファンクラブ運営、グッズ販売、コンサートなどのチケット収入など、事務所やグループ企業で多大な利益をあげていることがわかる。

 

 ジャニー氏は、1997年3月24日付の『AERA』で「ポスト・ジャニーは」という質問に対し、こう答えている。

 

「ジャニーが死んじゃったら、あとはないんじゃないかって言う人がいるの。マネジャーなしで、自分でやれる人間ばっかりなんですよ。まだ、ボクがいるから、遠慮してるとこ、あると思う。

 

 ボクがいなかったら、それこそ大活躍できるんじゃないかなあ。だから、ボクが知らん顔して消えちゃったとしても、十分できますよ」

 

 一時代を築いた男が亡くなった。享年87だった。

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入