最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1540号
12月17日号
12月3日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

松本人志、加藤の乱を鎮圧失敗で「吉本興業」まるで三国志芸能・女子アナ 投稿日:2019.07.31 06:00

松本人志、加藤の乱を鎮圧失敗で「吉本興業」まるで三国志

7月26日朝、自宅を出てきた加藤を直撃。顔に疲れが

 

−−本当に辞めるんですか?


「いま、話し合いをしているんで……」

 

 7月26日朝、こう答えてハイヤーに乗り込んだのは、加藤浩次だ。

 

「闇営業」問題に端を発し、所属する芸人らの “分裂” 騒動にまで発展している吉本興業。いま、「主流派」と「非主流派」、そして「M―1世代派」と、三つ巴の構図になっているという。

 

 

 まるで、魏・呉・蜀が中国で覇権を争っていた「三国志」状態だ。しかも加藤は、新事務所設立に向けて動きだしているという。加藤に近い吉本興業の社員はこう明かす。

 

「加藤さんは現経営陣と折り合いが悪い、非主流派の筆頭格。騒動以後、元マネージャーで、いまは吉本を離れている3人の男性に、『万が一のときは頼みます』と相談しているんです。3人はみんな個人事業主。彼らが中心になって、独立の準備を急いでいます」

 

 新たに設立する事務所に参加するのは、会社への不満を募らせていた芸人たちだ。

 

「相方・山本圭壱さん、ロンブーの田村淳さんと田村亮さん、宮迫博之さん、同郷の加藤さんを慕う北海道出身の平成ノブシコブシやタカアンドトシが合流する可能性があります」(同前)

 

《松本 動きます》ツイート以降、岡本昭彦社長に謝罪会見を開かせた松本人志が率いる「主流派」は、依然として社内で求心力を維持している。

 

「松本は、元マネージャーの岡本社長や大崎洋会長ら現経営陣と、行動をともにする姿勢を、いち早く見せた。これによって、松本の取り巻きは、次々と追従しました」(芸能リポーター・片岡亮氏)

 

 この動きに、“重鎮” オール阪神・巨人のオール巨人(67)や、OBの島田紳助(63)も松本に呼応。それゆえに、「大崎会長も余裕を見せている」と言うのは、会長の知人だ。

 

「25日に電話で大崎会長と話したら『大丈夫、大丈夫』と笑っていました。会長を辞める気もなさそうです」

 

 だが、火種はまだ燻る。この二派に属さない、「M―1世代派」の “静観” である。

 

「代表格は、ブラマヨやフットボールアワーなどの中堅。東京の芸人とも仲がよく、レギュラー番組を多く持つ彼らは、一連の騒動と距離を置いています」(お笑いライター)

 

 次のページに、三派勢力をまとめた。三国志の覇権を握るのは、誰だ−−。

12

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入