最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1522号
7月23日30日合併号
7月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

5月30日増刊号
4月30日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第23弾】6月28日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

クラスの人気者「草彅剛」は芸能界ではずっとガマンの子芸能 2016.10.17

2009年、自宅近くの公園で全裸でいるところを逮捕され、翌日、謝罪会見を開いた

2009年、自宅近くの公園で全裸でいるところを逮捕され、翌日、謝罪会見を開いた

 

『成田離婚』や『僕の生きる道』など数多くのヒットドラマや、ベストジーニスト殿堂入りなどの勲章を持ちながら、SMAP“第五の男”と呼ばれてきた草彅剛(42)。

 

 彼はスポーツ万能で、演技力にも定評がある。だが、SMAP5人が揃うとき、常に脇役だった。

 

 1974年7月、愛媛県に生まれた草彅。幼稚園から中学2年まで過ごしたのは、埼玉県内にある団地。現在の地味な雰囲気とは違い、幼少期はわんぱく坊主だった。

 

 幼稚園では剣道、小学生ではサッカーや器械体操などさまざまなスポーツに親しみ、運動神経は抜群。女子生徒からの人気もあった。

 

「休憩時間などに廊下でバク転の練習をしていた。『これができないとジャニーズには入れないんだ』と言いながら、一生懸命やっていました」(同級生の親)

 

 その願いどおり、中学生のとき事務所入りした草彅は1988
年にグループ結成。SMAPとしてデビューした。しかし、校内のアイドルは、SMAPでは地味なキャラに甘んじることになる。

 

「初期の番組『アイドル共和国』ではメンバーでいちばん口数が少なかった。しかし水泳対決などをやらせると、運動神経がよく、負けず嫌い。芯は強かった」(当時の番組スタッフ)

 

 SMAPが売れると、木村拓哉(43)や中居正広(44)、稲垣吾郎(42)が俳優や司会業で活躍。草彅はその陰に隠れた。連ドラの主演は、1997年の『いいひと。』が最初。メンバーの中で、いちばん遅かった。そんな扱いに不満だった。

 

「文字どおり“いいひと”で仕事はマジメだが、傷つきやすい『SMAP×SMAP』の歌収録で、ほかのメンバーよりカメラの映りが少ないと、露骨に不満を見せることがあった。酒に溺れたのは、そういう性格のせいだ」(テレビ局関係者)
 

 2009年4月に六本木の公園で全裸になるという前代未聞の事件を起こす。

 

「この事件でマネージャーの女性は監督責任を問われ、事務所内で立場が悪くなった。それにもかかわらず、彼女は各方面に頭を下げ、草彅の復帰に尽力してくれた。草彅はこの“恩”を忘れていない」(ジャニーズに詳しい芸能ライター)

 

 女性マネージャー以外に、草彅が心を許すのは2人だけ。芸能界の“父”タモリと、“親友”香取慎吾(39)だ。

 

 

「『笑っていいとも!』共演以降、草彅はタモリを父のように慕っている。正月には家に何連泊もすることがあり、タモリは夫婦で草彅をわが子のようにかわいがっている」(芸能プロ関係者)

 

 一方、香取とはメンバーのなかで唯一、プライベートで親交がある。

 

「香取は謹慎中の草彅を毎日電話で励ました。逆に、香取に悩みがあるときは、草彅が自宅に駆けつける」(同前)

 

 草彅の実家近くでも目撃談が。

 

「時々、草彅の実家近くにある飲み屋に来ている姿を目撃する。昨年も2人で歩いているところを見た」(地元の人)

 

 9月9日、SMAPのデビュー25周年の日、埼玉県内で居酒屋を営む草彅の父親は、本誌にこう話した。

 

「慎吾ちゃんとはすごく仲がいいよ。剛はたまになんの前触れもなく、フラッとやってくる。(頼むのは)焼き鳥とか」

 

 だが、草彅の今後については「まだ、(解散について)本人の口からは聞いていませんから」と、言葉少なだった。

 

「草彅は、来年は事務所との契約を更新しないと聞いている。草彅は演技力に定評があり、独立しても生き残ってはいけるだろう。脇役を厭わない姿勢があればだが」(芸能プロ幹部)

 

 やはりガマンの人生が似合う男なのである。

(週刊FLASH 2016年9月27日、10月4日号)

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年初夏号
5月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入