最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1451号
12月26日号
12月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月10日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第5弾】12月1日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

ミニスカの元祖「野際陽子」を育てたフランス留学芸能 2017.06.16

nogiwa_yoko_1

 

 女優の野際陽子が肺腺ガンのため亡くなった。81歳だった。
 現在放映中のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)ではアクティブに動き回る老女優を演じており、残念ながら、この作品が遺作となった。

 

 野際は、立教大学を卒業後に入局したNHKを4年で辞め、フリーアナウンサーを経て女優へ転身。留学資金200万円を貯め、1966年、30歳のときにフランスのソルボンヌ大学文学部へ留学している。

 

 フランス滞在中に出会ったのがミニスカートだった。かつて新聞のインタビューでこう語っている。

 

「パリでは(19)66年の夏ごろから、女の子のスカートが短くなった。私はお金がなかったので、日本から持っていったスカートを自分で裾上げして着ていました。
 67年3月の帰国前に、(購入するかを)ずっと迷っていた鮮やかな若草色のミニ丈のワンピースとコートを奮発して買いました。その格好で帰国したのですが、日本ではミニがはやる前でしたから、ご覧になった人は驚かれたと思います」

 

 思い切りのよかった野際は、持っているスカートをすべて短くしてしまい、そのままテレビの仕事をした。街行くおじさんからは「短けぇなぁ」と声を掛けられたこともあるという。

 

 野際は、高校生のとき、シャンソンの流行に影響を受け、ロマン・ロランなどのフランス文学やジャン・コクトーの映画に熱中した。「子供の作り方を知ったのもフランス文学だった」と、冗談とも本気ともつかない発言をしているほどだ。

 

 先のインタビューでは、ミニスカについて続けてこう語っている。

 

「戦中のもんぺからミニまではいた世代として、今から思い返せばミニは自由と平和の象徴だった。当時は意識しませんでしたが、解放感を味わっていたのだと思います」

 

 9歳で敗戦を迎えた野際。日本で感じていた息苦しさを解放してくれたのは、憧れのフランスだった。そして、野際はミニスカの元祖となり、日本に凱旋したのだ。

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2017年秋号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

プラチナフラッシュ Vol.2
11月24日発売
表紙:渡辺 梨加

詳細・購入