最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1538号
12月3日号
11月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

芸能・女子アナ芸能・女子アナ

フレッシュ女子アナ名鑑「新人王」はフジ・永尾亜子アナ女子アナ 投稿日:2016.11.23 06:00

 さあ、今年も『フレッシュ女子アナ新人王は誰でSHOW!』の時間がやってまいりました。秋の番組改編で登場した新人アナは、フジテレビの3人、日本テレビの一人、大阪・朝日放送の一人。

 

 10月改編では、ほかの局からのノミネートはございません。

 

「じっくり育てる局、現場で育てる局……方針が違いますからね」(キー局局員)

 

 テレビ朝日のように、4月から新人2人をお天気キャスターに大抜擢する局もありますが、今回は対象外。

 

 審査員は女子アナ通のアイドル評論家・北川昌弘氏、ミリオンセラー『人は見た目が9割』著者の竹内一郎氏にお願いしました。

 

 審査の結果、フジの永尾アナが新人王に。審査員の竹内氏、北川氏ともに「いちばん伸びしろがある」と太鼓判でした。女子アナの皆さんの成長を見守りつつ……では、また!

 

【新人王】フジテレビ・永尾亜子アナ(22)

 

フレッシュ女子アナ名鑑「新人王」はフジ・永尾亜子アナ

 

 長崎の五島列島出身で、高校在学中は、放送コンテストを総なめ。
「しゃべり方がしっかりしているし、落ち着いているので、報道部門の期待は高い。本人は『荷が重い、バラエティで勉強したい』と漏らしていますが」(フジテレビ局員)

 

 竹内氏、北川氏の印象はともに「NHKっぽい」。
「垢抜けていないぶん、成長が楽しみ。ルックスや、九州の大学出身などの共通点から、ショーパン(生野陽子アナ)を思わせますね」(北川氏)。

 

【第2位】朝日放送・澤田有也佳アナ(22)

 

ana_2

 

 ミス東大グランプリ。学生時代にはナベプロに所属し、タレント活動をしていた。

 

「タレント時代と比べ、髪も短く切り、ぐっと地味にしています。話し方は堅いですが、応援したくなる」(北川氏)

 

 小林聖心女子学院という超お嬢さま学校出身だが、「今年の女子アナ採用は彼女一人。雑用が多く、休みがほとんどない月もあります。不平ひとつ言わず、元気に頑張っています。局内の評価もとても高い」(朝日放送局員)。

 

【第3位】日本テレビ・佐藤真知子アナ(23)

 

ana_3

 

 ミス東女コンテスト準グランプリ。

 

「新人は言葉に詰まったり、へんな間ができてしまいがちだが、彼女の場合はそれがない。しっかり基礎を勉強してきたのだろうと、技術的な評価は高い」(日本テレビ関係者)

 

「見た目の好感度も高く、話す仕事を愛しているという印象を受けました。アベレージが高い女子アナです」(竹内氏)

 

 水卜麻美アナを思わせる丸顔で高好感度なルックス。次代エースの可能性も!?

 

【第4位】フジテレビ・鈴木唯アナ(22)

 

ana_4

 

 TOEIC990点(満点)。7月からCSで『プロ野球ニュース2016』を担当。

 

「言い回しはまだ練習中です。堤アナとともに、『めざましアクア』で適性を見られている。合格点が出れば、『めざまし』に抜擢でしょう」(制作会社社員)

 

「剣道をやっていたためか(二段)、よく声が通り、押し出しがある発声ができている。お嬢さまタイプですが、手が届きそうな親しみやすさもある。バラエティでも期待できると思います」(竹内氏)

 

【第5位】フジテレビ・堤礼実アナ(22)

 

ana_5

 

 学生時代からキャスターを経験。

 

「『“つつみれいみ"は言いづらい、“つみれ"にしろ(笑)』といじられていますが、まだ原稿を読んでいるときに下を向く癖が直りません」(フジテレビ関係者)

 

「クールビューティで報道向きですが、いまは美人特有の声の硬さがある」(竹内氏)

 

 一方、北川昌弘氏は「読者モデル経験があるためか、背伸びをしている印象を受けます。カトパン(加藤綾子アナ)タイプなのかもしれません」と将来に期待した!

(週刊FLASH 2016年11月1日号)

 

芸能・女子アナ一覧をもっと見る

芸能・女子アナ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入