最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1613号
8月17日24日号
8月3日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

8月3日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

寄付で積まれた「アベノマスク」善意の山が高すぎる

社会・政治 投稿日:2020.06.04 06:00FLASH編集部

寄付で積まれた「アベノマスク」善意の山が高すぎる

 

「4月7日から募集し、約10万枚のマスクを約250カ所の介護施設にお届けしました。政府支給の布マスクはその約1割、1万枚くらいです」(冒頭の写真)

 

 そう語るのは、介護業界の人材マッチングサービス「スケッター」を運営する、株式会社プラスロボCEОの鈴木亮平氏(27)だ。

 

 

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のために政府が配布した、いわゆる “アベノマスク”。サイズや品質への批判が殺到し、全国でさまざまな団体が、「不要ならばマスクの寄付を」と呼びかけている。

 

 株式会社トータルデザインセンター社長の上村祐貴氏も、マスクの寄付を募り、岡山県や東京都の児童養護施設に送付しているという。

 

「私はノンポリですが、アベノマスクに批判的な意見もSNSでは多かったので、『ならば活用しよう』と募集しました。5月8日から25日までで約2400枚も届きました。送るほうも送られるほうもハッピーになる、お裾分けの精神です。

 

 国の動きがもっと早ければと思いますが、結果的に無駄なく使えてよかったです」

 

 全国で積まれる “善意の山” は、もっと高くなりそう……。


(週刊FLASH 2020年6月16日号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

6月22日発売
表紙:与田祐希(乃木坂46)

詳細・購入