最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1570号
8月18日・25日合併号
8月4日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月28日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

尖閣諸島で中国海警局が日本漁船を「煽りまくり」4時間社会・政治 投稿日:2020.07.04 06:00

尖閣諸島で中国海警局が日本漁船を「煽りまくり」4時間

日本の漁船から撮影した、接近してくる中国公船

 

「我々が乗る漁船の東側に2隻、西側に2隻の中国公船が併走してきたんです。そのうちの1隻が近づいてきた瞬間、海保の船があいだに入ってガードしてくれました。上空には海保の航空機も飛んでいて、さながら戦争みたいでした」

 

 6月21日、沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺の接続水域で繰り広げられた、海上保安庁の巡視船12隻と、「中国海警」と書かれた中国公船とのバトル。八重山漁協所属の漁船「恵美丸」に乗船していた砂川幸徳さん(55)は、そのときの緊迫した様子を、冒頭のように語る。

 

 

 尖閣諸島周辺で漁を営んできた砂川さんが、漁船「第一桜丸」と2隻で尖閣に向かったのは、6月20日の午後9時すぎ。

 

「中国公船が尖閣にいることはわかっていましたが、海保に申請すると、『ガードするから大丈夫』と言ってくれました。片道8時間。夜が明けて尖閣に近づくと、やはり中国の船が待ち構えていました」

 

 尖閣近くに停泊し、海保の巡視船に見守られながら釣り糸を垂らすと、アカマチやマグロが次々に釣れる。中国公船は遠巻きに、その様子を見ているだけだったという。

 

 状況が一変したのは、漁を終えて石垣に戻ろうと走り出したときだった。突然、中国公船がスピードを上げ、漁船の後方に近づいてきたという。

 

「中国公船は、『ここは我々の領海だ』という意味の看板を掲げていました。

 

 海保の巡視船が、中国公船と漁船の間に割り込んでガードしてくれるのですが、中国公船はスピードを上げて巡視船の前に行ったかと思えば、緩めて後ろに張りついたり。我々を威嚇するように、4時間も追いかけまわされました」(砂川さん)

 

 追尾劇は、日本の領海付近で、ようやく終わった。第11管区海上保安本部は、この追尾事件について認めたうえで、「警戒にあたったが、危険な状況ではなかった」との認識を示した。

 

 じつは、こうした中国公船による追尾事件は、あとを絶たない。石垣市議で尖閣問題に取り組んでいる仲間均氏は、危機感をあらわにする。

 

「中国は、『自分たちが主張する “領海” から、日本の漁船を追い出した』という映像を撮りたいんです。だから、しつこくつけまわす。まるで、我々が尖閣から追い出されているように見えますから。その映像を国内で流して、尖閣は中国の領土と宣伝しているのでしょう。

 

 尖閣に中国公船が現われたのは、2019年だけでも282日。そのうち、162回も領海侵犯しています。最近は、中国公船に領海侵犯を警告しても、出ていかない。中国は、本気で尖閣を乗っ取りにきていますよ」

 

 中国の領土拡大戦略で、沖縄の漁師たちが危険に晒されている。

 

(週刊FLASH 2020年7月14日号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入