最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月27日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

撮影中止で拡散防止に成功…AV業界で「男優4人」がコロナ感染

社会・政治 投稿日:2020.08.26 20:20FLASH編集部

撮影中止で拡散防止に成功…AV業界で「男優4人」がコロナ感染

新型コロナウイルス

 

 東京都でも連日100人超の感染者を出し続けている、新型コロナウイルス。外出自粛の動きが広まったことにより、「ネットの動画配信サービスは、どこも大幅に売り上げを伸ばしている状況です。とくにアダルト系が恩恵を受けています」(配信サイト社員)という。

 

 

 だがその好況の裏で、AV撮影現場も新型コロナ禍に襲われていた。

 

「AV業界でも、新型コロナウイルス感染者が出たのです。なかには、“主力級” の有名男優も含まれていて、7月に男優たちが開催した屋外バーベキューの食事会で感染が広がったのではないかと、周囲が心配しています」(AV業界関係者)

 

 本誌がこの情報を耳にしたのは、7月末のこと。名前のあがった男優のひとりに、電話取材をした。

 

――男優さんの中から4名ほど感染者が出たと聞いています。当事者として、お話を聞かせてもらえませんか?

 

「いや、僕はコロナではないです。それは誤情報だと思います。陽性ではないです」

 

 それだけ話すと「失礼します」と告げられて、電話を切られてしまった。

 

 しかし、その後も同様の情報が次々と本誌に届く。AV業界の発展と健全化を目指す団体「AV人権倫理機構」に取材をすると、事実関係が明らかになった。

 

「新型コロナウイルスの感染等につきまして、当機構加盟各団体を通じ、『7月中旬から8月上旬までに、4名の男優の方々の陽性が判明している』との報告を受けています(男優の方々につきましては、当機構には加盟しておりません)」

 

 やはり、男優たちの感染は事実だった−−。ただ4名の感染者については、男優間で感染が広がったわけではなく、それぞれが個別に感染したもので、「クラスターが発生したものではない」(AV人権倫理機構)とした。

 

 AV撮影現場では、いうまでもなく “濃厚接触” が避けられない。今回、男優たちの感染が確認されたあと、各メーカーはそれぞれ対策を取ったという。

 

「陽性が判明した際、該当男優から過去2週間のあいだに出演したメーカー・プロダクションへ連絡が入り、現場のスタッフや出演者全員のPCR検査がおこなわれ、結果が出るまで複数の撮影現場がストップしました。そして検査の結果、全員陰性だったとの報告を受けております。

 

 該当男優の方々は保健所の指導のもと、入院や自宅療養等をおこない、入院者はすでに退院しているとのことです」(AV人権倫理機構)

 

 同機構でも、あらためて新型コロナウイルス感染対策の徹底を通達したという。撮影中止などの対策も奏功して、現場外から持ち込まれた感染の拡大を防ぐことに成功したAV業界だが、同機構の河合幹雄理事は、こう話す。

 

「AVの現場で感染が起きていない理由は、2つあると考えています。ひとつは、AV業界はもともと性感染症の予防をおこなってきたため、感染症対策に慣れていること。

 

 もうひとつは、女優や男優が撮影中止になった場合の費用を負担しないので、女優にも男優にも、無理して出演する必要がないためです」

 

 だがこの間、AV業界内で感染者が出ていたことを知らない関係者も少なくない。8月上旬に、本誌記者が取材したあるAVプロダクションの社長は、こう話した。

 

「『感染者が出た』という話は聞いたことがないよ。やっぱりみんな、公表したがらないんだな」

 

 思わぬ形で、感染防止策の質の高さが証明されたAV業界だが、今後は感染者のプライバシー保護には最大限の配慮をしつつ、風評被害を防ぐためにも、さらなる情報公開が検討されるべきだろう。

 

写真・CDC

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入