最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1575号
9/29・10/6合併号
9月15日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月25日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

新型コロナ「後遺症」と「差別」朝起きると二日酔い状態で…社会・政治 投稿日:2020.09.05 06:00

新型コロナ「後遺症」と「差別」朝起きると二日酔い状態で…

イメージ

 

 2020年8月下旬の時点で、日本国内での新型コロナウイルスの累計感染者は、6万5000人を超えた。日を追うごとに増え続ける感染者数だが、注目したいのは退院者の総数。すでに、およそ5万2000人以上が、症状が回復して退院している。

 

 そうした “元感染者” たちは、どのように暮らしているのか。本誌が彼らを訪ねると、現在も後遺症に苦しめられるばかりか、職場はおろか家庭でも、“排除” され、「感染」の事実を言えない日々を過ごしていたーー。今回は、男性会社員・Cさん(28)の話を聞こう。

 

 

「妻は “怖い” という理由で、子供を連れて実家に帰ってしまいました。最近では連絡も途絶えがちで……」

 

 痛切な心境を明かすCさん。新型コロナウイルスがきっかけで、離婚の瀬戸際まで来てしまっている。

 

「8月上旬、9カ月になる息子のおむつを替えているときに、においがしないことに違和感を覚えました。そのうち、コーヒーと水の味の違いがわからなくなり、コロナを疑いはじめました。何日かして、体温を測ると38.2度もあり、すぐにPCR検査を受けて、2日後に陽性診断が出ました。

 

 保健所からの指示は、自宅療養。『咳は多少出ても、熱は解熱剤で下がるので』楽観視していましたが、濃厚接触者となった妻が、強硬に入院をすすめてくるようになりました。

 

 入院するかどうかは保健所が決めることなのに、『私たちを殺すつもり? 苦しくて仕方がないと、嘘をついてでも入院してよ!』と怒りもあらわに言い募って……。翌日、保健所に容体を大げさに伝えて、入院することになりました」

 

 異変は、入院から3日後に始まった。

 

「激しい咳が止まらなくなり、肺炎になっていることがわかりました。その日から水分も食事も摂れなくなり、点滴を受けはじめました。投与されたレムデシビルが効いたのか、その4日後には完全に熱が引き、翌日には退院できました。

 

 でも今も息が苦しくて、咳も完全に治まってはいません。それに、なぜか肝臓の数値が悪くなっていて、朝起きると二日酔いのように体が重い。

 

 職場の上司からは当初、『3カ月は職場復帰しないでくれ』と言われていましたが、今は『一度失業保険をもらってゆっくり静養したほうが』と、遠回しに退職をすすめられています。

 

 社内には、私を出社させるべきではないと声を上げたり、緊急事態宣言が発令されていた最中に、私が繁華街で遊んでいたのではと、あらぬ噂を流したりしている同僚もいると聞いています」


(週刊FLASH 2020年9月15日号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入