最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1575号
9/29・10/6合併号
9月15日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月25日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

新型コロナ「後遺症」と「差別」なんのにおいも感じない社会・政治 投稿日:2020.09.06 06:00

新型コロナ「後遺症」と「差別」なんのにおいも感じない

イメージ

 

 2020年8月下旬の時点で、日本国内での新型コロナウイルスの累計感染者は、6万5000人を超えた。日を追うごとに増え続ける感染者数だが、注目したいのは退院者の総数。すでに、およそ5万2000人以上が、症状が回復して退院している。

 

 そうした “元感染者” たちは、どのように暮らしているのか。本誌が彼らを訪ねると、現在も後遺症に苦しめられるばかりか、職場はおろか家庭でも、“排除” され、「感染」の事実を言えない日々を過ごしていたーー。今回は、妊娠中の女性・Dさん(29)の話を聞こう。

 

 

「近所の人や親戚の間で、私は『妊婦のくせに遊び歩いていたからいけないんだ』と決めつけられています」

 

 そう語るDさんは、妊娠4カ月。身重ならではの辛酸をなめている。

 

「7月下旬、体がとてもだるくなりました。初めての妊娠でしたし、最初は妊娠のせいかと思いましたが、翌日、体温を測ってみると、37.9度ありました。

 

 幸い妊婦ということで、優先的にPCR検査を受けることができたのですが、結果は陽性。2日後、保健所からすすめられて、東京・中央区にある聖路加国際病院に入院しました。4日後くらいから咳が出はじめました。

 

 妊婦なので、薬はいっさい処方されませんでした。病院では、ただ安静にするように指示されて、横になって体を休めるだけ。熱や咳がキツいうえ、とにかく酷くだるくて仕方がありませんでした。

 

 10日後には熱や咳が治まり無事に退院できましたが、体のだるさは、まだ抜けていません。とにかく、だるさが続いているんです。それに、私はつわりが酷くて、いろいろなにおいに苦しめられていたのに、今となっては、なんのにおいも感じません」

 

 もともと産休中だったDさんは、職場復帰に際しての「差別」は受けずにすんでいる。その代わり、かかりつけの医院から思わぬ冷遇を受けた。

 

「退院後、通っていた産婦人科の先生のところに診察を受けに行ったら、事務員に出迎えられ、駐車場のところで押しとどめられました。

 

 すると、先生が駐車場にやってきて、『ほかの妊婦さんたちに対して、責任が持てない。紹介状を書くから、別の大きな病院に転院してほしい』と言われました。先生たちの立場は理解できますが……つらいですね」

 

(週刊FLASH 2020年9月15日号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入