最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月27日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

初入閣・平沢勝栄「万年ヒラ議員」時代には「気にしてません」

社会・政治 投稿日:2020.09.17 17:30FLASH編集部

初入閣・平沢勝栄「万年ヒラ議員」時代には「気にしてません」

 

 東京大学卒、衆院当選8回、75歳。平沢勝栄衆院議員が、9月16日に発足した菅義偉新内閣で復興担当大臣として、ついに初入閣を果たした。

 

 2013年9月の本誌では、当時の安倍政権下で内閣改造が先送りされたことを受けて「万年ヒラ議員」と題して、こんな記事を掲載した。

 

 

・入閣の条件は衆院なら当選6回、参院なら当選3回というのが相場
・自民党にはその条件を満たしつつも大臣経験のない“万年ヒラ議員”がたくさんいる

 

 該当する議員として本誌が直撃をしたのが、当時、当選6回を数える平沢勝栄衆院議員だった。
「(閣僚未経験はおかしいと言ってくれて)ありがとうございます。でも、気にはしていません。毎日、充実していますよ」

 

 なんとも牧歌的な答えが返ってきたのだが、当時から、平沢議員が入閣できない理由としてあげられていたのが、ときの権力者・安倍氏の小学生時代に、平沢氏が家庭教師を務めていたこと。政治ジャーナリストが語る。

 

「安倍さんの家庭教師をしていたことを自らの “売り” にしていたり、当時の話を周囲に語ったりといった点を、安倍さんが快く思っていなかったようだ。しかも『あまり出来はよくなかった』と吹聴しているのが、安倍さんの耳にも入ったらしい。また、安倍さんは東大出身者があまり好きではない、といったことも囁かれている」

 

 かくして、菅新総理のもと、めでたく「万年ヒラ議員」からの脱却とあいなった平沢先生。だが、平沢氏は菅総理誕生の立役者といわれる二階俊博幹事長率いる「志帥会」の幹部でもあり、二階氏の後ろ盾があったことは言うまでもない。

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入