最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月25日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

アマゾン創業者の元妻が6000億円を寄付…ケチな元夫の評価はダダ下がり

社会・政治 投稿日:2020.12.17 22:50FLASH編集部

アマゾン創業者の元妻が6000億円を寄付…ケチな元夫の評価はダダ下がり

ジェフ・ベゾスとマッケンジー・ベゾス(写真:picture alliance/アフロ)

 

 世界一裕福な女性が、この4カ月間に6000億円を超える寄付をし、その行動に称賛の声があふれている。彼女の名前はマッケンジー・スコット氏。アマゾン創業者ジェフ・ベゾス氏の元妻である。

 

 2人は1993年に結婚し、2019年に離婚。夫が所有するアマゾン株の25%を譲渡され、推定360億ドル(4兆円弱)という巨額の資産を手に入れた。その後、彼女は財産が多すぎるとの理由で、可能な限り寄付を続けていくと宣言していた。

 

 

 その言葉どおり、7月末に116の団体に約1800億円の寄付を実行。さらに今回、第2弾として、約4300億円を384の団体に寄付した。

 

 マッケンジー氏の寄付先は全米50州にわたっているが、前回が地球温暖化や人種差別などの分野で活動する団体で、今回はYMCAや、黒人に高等教育を与えるために設立された大学、低所得者に食料を補給する団体などだ。

 

 金額はいずれも億単位で、テキサスの大学に50億円、リサイクルショップに10億円といった具合。多くの団体がこれまでもらったことのないお金を手にするわけで、驚きや歓喜の声が響き渡っている。

 

 実は、寄付というのは、寄付する側の労力のほうが大変なのである。彼女のチームは、組織のマネジメントや寄付金を得た場合のインパクトなど、さまざまなデータを分析した上で、6490の団体から822まで絞ったという。まだ半分以上は調査中で、今後、寄付の対象になる可能性がある。

 

 それにしても、マッケンジー氏とはいったいどんな女性なのか。

 

 サンフランシスコで生まれたマッケンジー氏は、1992年にプリンストン大学を卒業し、後にノーベル文学賞を受賞する女性作家トニ・モリスンに師事。小説を書きながらヘッジファンドで働き、そこでジェフ・ベゾスと出会って結婚し、4人の子供を育てている。

 

 財産分与により、すぐに女性資産家で世界トップクラスになったが、コロナ禍で人々が外出制限するようになり、アマゾンの株価が上昇。その結果、今年9月に、ロレアルやウォルマートの一族をおさえ、女性で世界一の資産家となった。

 

 マッケンジー氏は、自身のブログで、コロナが多くの人たちを苦しめているのを見て、チームに寄付を急ぐよう頼んだと明かしている。その上で、時間やお金に余裕がある人はぜひ寄付してほしいと訴えている。

 

 一般に広く呼びかけたメッセージに見えるが、SNSはもちろん、各種報道でも、「この呼びかけは、財布の紐が固いジェフ・ベゾスへの当てこすりではないか」と騒がれている。妻の評価が上がる一方で、ケチな夫の評価は下がりがちのようだ。(取材・文/白戸京子)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入