最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1601号
5月4日号
4月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

4月20日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

井筒監督、怒りの“パッチギ”「飲食店だけじゃなく映画館など全部にカネを配れ!」

社会・政治 投稿日:2021.01.29 15:20FLASH編集部

井筒監督、怒りの“パッチギ”「飲食店だけじゃなく映画館など全部にカネを配れ!」

 

 東京都を筆頭に、11都府県で発令されている緊急事態宣言。政府は、対象都府県の飲食店に2月7日までの時短営業を要請している。しかし、要請に応じた場合の「協力金」が、店の規模や立地によらず一律6万円の給付であることや、協力金の対象外となる業種もあることに、国民からは不満の声が多く上がっている。

 

 

「1日6万円って、そんなんじゃ、屁の突っ張りにもならんでしょ! 都内の繁華街の店なんてアウトだよね、家賃と従業員の給料があるんだから」

 

 そう憤るのは、現在8年ぶりの監督作品となる映画『無頼』が公開中の井筒和幸監督(68)。穴だらけの政府の新型コロナ対策に、怒りが収まらないという。

 

「『時短だ、休業だ』って言われて、職をなくした人間も、いっぱいいるよね。年末から年始にかけて、正月どころじゃなく、公園に並んでいた人もいっぱいいるわけだ。

 

 とにかく時短だ、休業だっていっても、店のオーナーならまだしも、雇われている側の人間とか店に関係してる人間は、もっとダメージを受ける。そうなると、その人たちは生きていけないわけよ。

 

 スポーツジムとかパチンコ店みたいに、協力金の対象外にされた業種もあるよね。映画館だってそうだし、俺らも呼ばれる仕事が減ってキツいよ。

 

 海外じゃ、イングランドなんかはアーティストや劇場、ギャラリー、美術館にカネをばら撒いてたけど、今はそんな上等なこと語ってる場合じゃないんだよ。こんな下等な日本でさ、根本的に全員にカネを配れっつーんだよ」

 

 ごく一部を除いて、飲食店は軒並み20時に店を閉めているが、その時間の区切り自体にも、監督は疑問を感じるという。

 

「僕がよく行く、ちっちゃい焼肉屋のオヤジなんかも、『昼間のランチタイムはやってます』とか言うわけ。僕にしてみたら、『昼も夜も一緒やんけ』って(苦笑)。そうでしょ?

 

 だから20時で閉めるのが、なんだっちゅうことなのよね。だって昼間は開けてるんだから、意味ないと思うんだよな。コロナはどの時間帯に感染者が増えるとか、統計を持っとらへんからね」

 

 一方で、20時以降も営業を続ける店舗には酔客が群がり、結果的に密な空間を生み出している。

 

「そりゃ、そうだよ。行きたい人は行っちまうよ。結局、それは店に十分なカネを配ってないからであって、そうやって集中したら、コロナはまた広がるよね。それだったら、初めからロックダウンしてしまったほうが話は早いんだよ。そのための補償なんだから」

 

 さらに、明るい兆しが見えない現状に追い討ちをかけるかのように、国会ではコロナ感染による「入院拒否者への罰則」についても審議されている。

 

「政府も、ひどいこと言うよな。黙ってるコが多いからってことでしょ? 俺の知り合いの知り合いにも、『コロナになったって言ったら、マンションのほかの住人に怒られるから黙ってる』って人がいたらしいんだけど、そんなんきっと何人もいるよ。

 

 そもそも今は、感染を申告したって、なかなか入院できないで死んじゃってんだから。それで罰金を取るとか、バカじゃねえの? ふざけんな! っちゅうんだよ。それよりベッドを確保するとか、そっちが先だろって。ホントに、ドタマの悪い奴らばっかりだよね」

 

 そんななか、海の向こうのアメリカではバイデン大統領が、国民1人あたり1400ドル(約14万5000円)の直接給付を含む、約200兆円規模の追加景気刺激策を発表した。

 

「バイデンが15万円なんだから、日本は20万円でしょ。それを政府が配れば、みんなどこにも行かなくなるんだから、コロナなんかピタッと止まるよ。

 

 もちろん、20万円はひとまずのぶんですよ。飲食店の休業補償とは別に、それ以外に1人あたり20万円出たら、3週間か1カ月ぐらいは、なんとかみんな凌ぐやろ。

 

 現金給付もせずに、政府は何かにつけて『国の借金だ』『国民の借金になりますよ』とか言うけど、別に借金でいいじゃない。今までさんざんしてきたんだし、アメリカだって、みんなどこの国も借金ですよ。

 

 国債を発行するしかないわけで、『1カ月後にトイチで返せ』とか、そんな国ないんだから、国はパンクしないよ。財務省の人間は、みんなわかってるんだから。とにかく出しゃあいいんですよ」

 

 最後に、五輪開催についても聞いてみると……。

 

「俺は、初めから反対してるよ。アスリートも、本音ではやりたくないって思っている選手が半分以上はいるだろうし、第一、アメリカやヨーロッパから選手だって来ないでしょう?

 

 もう五輪はいいから、五輪を開催するためのコストを、一律給付金に充てろって。もちろん、それだけじゃ足りないけどね。緊急事態なんだから、財政のほうを緊急事態で考えろよっていうんだよ!」

 

 心の中では国民誰もが、菅政権に “パッチギ”(韓国語で「頭突き」)のひとつでもくらわせたいと思っているはずだーー。

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入